本町駅、肥後橋駅から徒歩5分!中高年の脳と体に必要なメンテナンスに特化したマッサージメンテナンス専門店

  • ご相談・ご予約

天海 今朝のひらめき

2017.08.08

へぇ~肩甲骨上角の左右の高さが違う人が多くなったなぁ②

 
こんにちわ カラダスマイルサポーターのnanamiです

へぇ~肩甲骨上角の左右の高さが違う人が多くなったなぁ
について・・

肩甲骨上角という言葉が出てきましたね
☚背中から肩甲骨を見た時に肩甲骨  
の上内側にあるのが上角です★

外からカラダを触って評価や治療をする職種は
骨の各部位を目印にして左右差を見たりします

肩甲骨ってどうやって支えられているイメージですか?
肋骨にくっついているイメージを持っている方が多いのでは
ないですか?
実は肩甲骨は「浮いている」んです!
肩甲骨を裏から見る機会ってないですもんね
☚肋骨とは離れてますよね★

肩甲骨と関節を成すのは肩甲上腕関節(肩関節)と鎖骨との肩鎖関節だけなんです!
肩関節なんてぶら下がってるだけだし、肩鎖関節も触れ合ってる程度・・

そうすると頑張るのが「筋肉」ですよね
片腕の重さは体重の約16分の1の重さだと言われています
体重50㎏の方ではあれば約3㎏・・
でも両腕とも同じ重さであれば左右差はでないのでは?
でもそこで加わってくるのが生活の「癖」ですよね

同じ肩側でずっとカバン持っていませんか
同じ腕ばかりで作業していませんか

そうすると片側の肩周囲の筋肉には3㎏+何㎏を支えなければ
ならなくなります
それが疲労になり、コリになりカラダのあちこちが
そちらに引っ張られてカラダの捻じれとなっていくのです

そこで!天海先生が言うように
「くせ動き」や「くせ姿勢」から意識する必要がありますよね
両腕均等にカバンを持ってみるとか、いつもとは違う腕で作業してみるとか!
そういう小さな事でも肩周囲の筋肉への負担は全然違うかと思います
私も意識しなおして生活しよう

カラダの気づきがスマイルへの道しるべになりますように
☚京都のあじさい寺で有名な善峯寺です
息子が出来る前ですが親友とカメラを持って行ったんです

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

Page Top