本町駅、肥後橋駅から徒歩5分!中高年の脳と体に必要なメンテナンスに特化したマッサージメンテナンス専門店

  • ご相談・ご予約

天海 今朝のひらめき

2017.09.02

へぇ~ハムストリングスと仙結節靭帯と仙骨と背骨って流れで繋がっていたんだなぁ②

 
こんにちわ
カラダスマイルサポーターのnanamiです

へぇ~ハムストリングスと仙結節靭帯と
仙骨と背骨って流れで繋がってたんだなぁ
について・・

仙結節靭帯って聞いたことありますか?
名前から「仙」がついてるし
仙骨らへん?と予想がつくかもしれませんね

そのとーり!

仙結節靭帯は
骨盤の「坐骨結節」~「仙骨後面」を
守っている靭帯です

そして題名にも出てきた
脊柱起立筋、ハムストリングスと
どういう関係かというと・・

解剖学から見て
その筋肉たちが
仙結節靭帯と付着する場所が
同じ
だということです
なので仙結節靭帯は
上部の脊柱起立筋と下部の
ハムストリングスの中継点だと
言われています

脊柱起立筋は大きく分けて3つの
筋肉の総称名です

働きが似ているので「脊柱起立筋群」と
まとめられていて3つが重なる部分も
あるのですが、やっぱりそれぞれ
少しずつ違う場所に付着しています
仙結節靭帯と同じ「仙骨後面」に付くのは
「腸肋筋」です

そしてハムストリングスは
骨盤の「坐骨結節」~膝まで付着している
のでこちらも仙結節靭帯と同部位の
坐骨結節に付着していることになります


人間は仙骨(仙椎2番)に重心を
とる場所を置いています

と、いうことは左右の重心移動も
もちろんですし
上下の影響も大きく受ける場所に
なってきます

その仙骨に大きく存在している
仙結節靭帯がうまく働くのがカラダの
動きには必要条件なのは
想像がつきますよね

逆にいうとそこが動かなくなるのは
上部の問題かもしれない
下部?左右のバランス?という
可能性がひろがることを意味しています

肩こりが足に影響するというのも
これでわかりますよね
肩こりだけであとは問題ないと思っていると
そのうちにあちこちが痛みだすという
可能性があることをわかっていただけると
ケアの大切さがわかるかな~と思います

カラダの気づきが
スマイルへの道しるべになりますように

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

Page Top