本町駅、肥後橋駅から徒歩5分!中高年の脳と体に必要なメンテナンスに特化したマッサージメンテナンス専門店

  • ご相談・ご予約

天海 今朝のひらめき

2017.09.05

へぇ~座っている時にこそ骨盤を動かして血流を良くする意識がいるんですね②

 
こんにちわ
カラダスマイルサポーターのnanamiです

へぇ~座っている時にこそ骨盤を動かして
血流をよくする意識がいるんですね
について・・

普段何気なく動いてくれてる筋肉に
目を向けることはほぼないと思います

「筋肉が動く」っていうのは
収縮(縮まる)と弛緩(ゆるむ)を
くり返しているっていうのは
なんとなく知っているかもしれません
【動き】とは動かしたい筋肉に「動かして~」
と、脳から命令が下って
その動きが達成されたら筋肉の受容器から
「もういいよ~」と情報が送られることで
弛緩し、カラダの動きが成り立っています


その収縮と弛緩を直接的に行っているのが
「アクチン」と「ミオシン」っていう
やつらなんですけど・・

これらの構造が重要で
アクチンとミオシンは交互に重なって
存在しているわけです
これが収縮の時にくっついて、弛緩で離れる!
というスライドの動作を繰り返しています
これがスムーズに働くほど
筋肉は自分の思い通りに動いてくれてると
思っていいかと思います



でもよく言う「コリ」が
その動きを邪魔するわけです
コリは筋肉が
弛緩できない状況が続く」ことですよね

日常的に筋肉を緊張させ続ける姿勢をとったり
カラダが緊張しやすい状況が多い場合・・
「もういいよ~ゆるめて~」と脳へ情報を戻す
受容器が誤作動をおこします
誤作動なので必要のない時にも収縮スイッチが
入りっぱなしになってしまい
コリとなってしまいます

そしてもう一つ
筋肉が収縮するにも、弛緩するにも
エネルギーが必要になります
エネルギーのもとになるものは食事からとれる
炭水化物や糖質などなど
でもこれらを摂るだけではダメなんです
重要なのは「酸素
カラダは食事からの栄養素を
エネルギーに変換するには
必ず酸素が必要になってきます!

その酸素が送られるのは「血液」ですよね?
筋肉にはこういう理由でも
スムーズな血流が大切なんです

なので!
天海先生が言うように
同じ姿勢に注意して意識して動かすことが
筋肉スイッチの誤作動防止になる!
筋肉に必要不可欠な酸素供給が途絶えない!
と、とても大切なことになってきます

痛みのない快適ライフが送れますように~♫
カラダ意識改革のきっかけにしてもらえると
嬉しいです★

カラダの気づきが
スマイルへの道しるべになりますように

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

Page Top