本町駅、肥後橋駅から徒歩5分!中高年の脳と体に必要なメンテナンスに特化したマッサージメンテナンス専門店

  • ご相談・ご予約

天海 今朝のひらめき

2017.09.11

こんなところに関節が!胸の前?それは呼吸を助け、腕を動かす胸肋関節といいます②

 
こんにちわ
カラダスマイルサポーターのnanamiです

こんなところに関節が!胸の前?
それは呼吸を助け、腕を動かす胸肋関節と
いいます
について・・

大胸筋がお話に出てきたので
大胸筋について少し・・

大胸筋は有名な筋肉ですよね!
男性であれば胸板が気になるところかも
しれませんし
女性であればバストアップには必須筋肉です



大胸筋は1つの筋肉に見えますが
上・中・下と分かれていて少しずつ重なって
います
鎖骨、胸骨、腹直筋から出発し最後は
上腕骨にまとまってくっついています

働きとしては
肩の水平内転、内転、内旋を担っています↓


このブログにもよく出てくる話ですが
現代病であるスマホやパソコンからの巻き肩
巻き肩は大胸筋の緊張を高め柔軟性を奪い
様々な症状として現れます

巻き肩になると肩甲骨がどんどん外側に引かれる
→それにより上腕骨頭の位置がズレる→
大胸筋は上腕骨に付着するため筋の長さに
影響が出る→正常な動きが出来なくなり血流が
悪くなる、コリになる

という流れです

そして問題は大胸筋にとどまらない
いうことです
筋肉同士はそれぞれが重なって助け合いながら
存在していますよね
それはプラス面でいいことなのですが・・
逆をいうと1つの筋肉に支障が出た場合
その影響がすぐ波及してしまう
という面もあります

例えば
大胸筋の下部は腹直筋と重なりがあります
腹直筋は腹圧を高めて呼吸のしやすさや
いい姿勢を保つために働いています
大胸筋の緊張が腹直筋を抑えつけるように
なると・・
ただでさえ大胸筋の緊張で真ん丸背中なのに
腹直筋の働きまで奪ってしまう
悪循環の可能性もありますよね

他にも
大胸筋は上腕骨に付着するのですが
大胸筋の下に上腕二頭筋という筋肉が
走っています「二の腕」ですね
主に肘を曲げる時に働く筋肉です


大胸筋は上腕二頭筋の上に被さるように
存在しているので
大胸筋の緊張は上腕二頭筋にも影響します


上腕や前腕にしびれが出たり
肩や肘の動きのスムーズさに違和感が
生じたり

大胸筋だけストレッチしてたら大丈夫~
と思うかもしれませんが
知らないうちにどんどん他にも波及して
痛みとなって表れてくるかもしれません
そうなると大胸筋だけをケアしても
他のところに痛みが残ることになります

そうならないためにも
根本は大胸筋の緊張を高めないよう
巻き肩に注意すること!

痛みやコリを

大胸筋で食い止めるためには
自分で意識して大胸筋を動かして
いく必要がありますよね

カラダの気づきが
スマイルへの道しるべになりますように

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

Page Top