本町駅、肥後橋駅から徒歩5分!中高年の脳と体に必要なメンテナンスに特化したマッサージメンテナンス専門店

  • ご相談・ご予約

天海 今朝のひらめき

2017.11.30

ハイハイとお座りはヒトとして生きる基盤づくりの動きだったんですね

おはようございます
手技療法研究家 天海柑です

今朝のひらめき24

子どもの発達とは・・

動くこと
食べること
遊ぶこと
コミュニケーションをとること

そのためにハイハイとお座りの時期の大切な意味は

ヒトとして生きる基盤づくりの動きだったんですね

ハイハイが出来るということは
お母さんという安全な基地にいつでも戻れるという
安心感を持つことにもつながり
さらには
その気持ちを基盤にいろんな興味に向かって
自発的な動きをしてたくさんの経験をするための
移動方法の動きだったんですね

この時期のその体験が脳の土台をつくる!

ハイハイという移動手段は・・
未熟な脊柱を手と腕で支えながら体軸を使い、
回旋させて動く
「二足歩行の基礎の動き」を鍛える
最良の方法だというわけです


お座りの安定は・・
手を使うこと、しっかり飲み込むこと、
しっかり噛むことにつながるカラダの動きの
ひとつ

二足歩行の人間になぜ四足のプロセスが必要なのか・・
脊柱を鍛えるには手と腕で支えながら鍛えるという
プロセスが必要だということですね

0歳時はカラダの土台作りの時期なんですね

へぇ~そうだったのかあぁ~は楽しいね♪

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

Page Top