本町駅、肥後橋駅から徒歩5分!中高年の脳と体に必要なメンテナンスに特化したマッサージメンテナンス専門店

  • ご相談・ご予約

トレーナーのコラム

2017.07.22

人間脳を育てるという本に出合って!原始反射を知ってほしい♫

 
こんにちわ カラダスマイルサポーターのnanamiです
7月も来週で終わりですね~なんとはやい
息子は5ヶ月を迎える前に動き出してしまいました・・笑
フッと見ると頭の向きが変わってるんです
1mぐらい場所が移動してたり・・
これってもしや、ずり這い!?と思いながら見守っております
スタジオで撮ってもらった100日写真が出来ました~★
息子らしい表情ばかりで気に入っています


今日は素敵な本に出合ったお話をしたいと思います
息子の向き癖に何かヒントになるものはないかといろいろ
本を探していた時に出会った本です


灰谷先生が書かれたこの本は原始反射に目を向けて
子供の動きの発達のポイントや重要性に触れています

今後、息子の成長を見ていくのに知っててよかった~
知らなかったら恐ろしかったなと思うところが多くありました
(また詳しくは今後ゆっくりと・・

まず、「原始反射」って知っていますか?

私は18歳から理学療法士の専門的な勉強しかしていないので
原始反射という言葉は知っていました
国家試験にも出る内容なので勉強もしましたが、正直
「小児分野」で働く人が必要な知識だろうな~ぐらいにしか
思っていませんでした
それに私の中では知っている事が普通の事だったんです

でもこの本に出合って今後自分が理学療法士として
伝えていきたい事や!と気づいてから原始反射を見る目が
変わったんです

私は原始反射を知っているものだという前提で親友に
話をしたら
「原始反射って何?」という答えが返ってきました
内容を説明すると「へぇ!それ原始反射っていうんやね!」

そこで気づいたんです
「世の中のママたちも知らんのが普通なんかぁ・・」
知ってるだけで子供との関わり方も変わるだろうし
どんな小さな事でも子供のためになるなら
知っておきたいと私は息子を産んで思うようになったので

この本を書かれた灰谷先生は「発達支援コーチ」として
たくさんの子供たちと関わっているみたいです
私ももっと詳しくこの考え方について知りたいので
8月末に勉強会に参加する事にしました
なのでそれまでは私なりに解釈している事を紹介したいですし
勉強会参加後はまた違った内容もご紹介できるかな~と
思っています

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
原始反射とは・・
様々な場所で紹介されてはいますが私が気に入っている言葉選びはこれです

●胎児は母親のお腹に命を受けた時からいつか外界に出る事が本能的にわかっている
だからお腹の中から外界で生き抜いていくための反射的な動きを備える
●自分はまだ生き抜く力が弱い事も本能的にわかっている
だから自分を守るために意思とは関係なく「必ず起こる」という反射での動きを備えている
●外界に生まれた後、自分を守るために「考えてくれる脳」が育つまでは存在する
●自分を守るというのは将来の学習や生活の土台を作って未来の自分も守るという事!
●外界では「自分の意思」で動く事こそが自分を守るためなので反射は必要なくなる
反射が残っていると外界では逆に自分を守れなくなるため「卒業」しないといけない


親が見てあげられる事は・・

①原始反射は生まれた瞬間には必ず必要なものなので
「出現」しているか見てあげる必要があります
②そしてその反射を自分の意志に変えていく必要があるので「発達」
させていかなければいけません
③反射ごとに消失、「卒業」する時期がだいたい決まっているので
それも見てあげる必要があります

その「卒業」は確かに時期も人それぞれです
本などで紹介されている時期は平均なので絶対では
ありません!
この本で使われている言葉に「回数券を使い切る」という表現が
ありますおもしろい表現だなぁ~と思います♪
1つの反射でも使い切るまでに50回の人もいれば100回の人も
いるかもしれない、でも使い切るまでその動きを行えば
卒業できるということですよね

これを知っているのと知らないのでは全然違う気がしませんか?
50回の回数券を30回で諦めてしまっている可能性が
あるということですよね
もう少し関わってみようかな?と思うキッカケになる表現
だなぁ~と感動しました

今日の内容ではまだわかりにくいところもあるかもしれませんが・・
今後は具体的にどんな原始反射があるのか紹介していきたい
と思います

ママもベビーもスマイルで過ごせますように♫
☚わたしと息子です

2017.07.15

触れ合いがカラダとココロの成長を助けるんです

こんにちわ カラダスマイルサポーターのnanamiです
今は息子と1日中一緒にいるのでもう数えきれないくらい
「触れ合って」いますスキンシップというやつですよね
プニプニのほっぺた、モチモチもおしりも触りたいし
手を握って手遊びや習ったベビーマッサージを取り入れたり
しています1日何度も抱っこもしますよね

私もそうですがママたちは何気な~くやっています・・よね?
そのスキンシップ、赤ちゃんたちの成長にすごく大切だって
知っていましたか?
「大切そうだけど・・どう大切かっていうのは・・」
っていう方多くないですか?
これを知ると更に抱きしめたくなっちゃうかも

まず1つは「カラダの成長」に大きく関わること!
スキンシップが大切!ということをたくさんの研究者たちが
長い年月をかけて発見してきて多くの研究結果があります
その中には悲しい研究もありますが・・

昔々、赤ちゃん50人を一つの部屋に入れて
ミルク、オムツ、寝床などは完璧に確保しましたが
大人が声もかけない、目も合わせない、触れ合わないという実験を
したそうです
そうすると全員が3歳まで生きられなかったそうです

触れ合いを持った時、赤ちゃんのカラダではたくさんの
成長ホルモンが分泌されるそうです!
成長ホルモンは骨や筋肉はもちろん、免疫力や抵抗力を
つくるのにとても大切なものです
呼吸の安定や体重の増加も確実に変わるというデータもあるそうです
実験は極端なものですが、触れ合いが少ないと成長を妨げる原因に
なることがわかっているそうですよ



そして成長していくためには「食欲」
飲みたい、食べたいという意欲がないと大きくなれませんよね
そのためにはインシュリンというホルモンが必要になりますが
スキンシップはこれも増加させる事がわかっています
なかなか飲まない・・なんて場合は触れ合いを増やすと
変わる事があるかも?

2つ目は「心の成長」です
触れ合った瞬間「オキシトシン」というホルモンが分泌されます
今までオキシトシンは女性特有のもので出産や母乳に関与するもの
だと思われていました
でも今では男女関係なく「信頼関係を築く・攻撃性の低下」にも関与する
ことがわかっているそうです

サルに行われた実験にこういうものがあります
母親に育てられたサルと吊るされた哺乳瓶で育てられた触れ合いがなかったサル
そのサル達が群れに入ろうとした時、スキンシップのなかったサルは
他のサルとうまく関係が保てず最後まで群れに入れなかったそうです
そして近づこうとするサルに常に威嚇するようになりました

これは人間でも同じだということです
成長して社会に入っていくようになった時に
他者と信頼関係が築けず、人を攻撃してしまう可能性が
あるということですよね
スキンシップなく育つと安心して戻れる場所がないために
親から離れた時の不安行動が攻撃に変わってしまうというものです



オキシトシンの他にもドーパミンというホルモンの分泌もわかっています
ドーパミンは前頭前野という脳部位に働き
人間らしさや自分らしさを作っていくのにとても大切です
意欲や行動力、運動能力にも関わると言われています

赤ちゃんはただ単に食べて寝てで育っているわけではないんですね
それに加えてスキンシップがあるからこそカラダもココロも
成長してるのかぁ~と私は知った時に感動しました
それにオキシトシンの効果は赤ちゃんだけではありません
触れているパパもママ、じーじばーばも
同様な効果が得られるとわかっているそうです



この事を知ってもっともっと触れ合いたいな~大事やな~
と思ってもらえると嬉しいです

ママもベビーもスマイルで過ごせますように♫

2017.07.08

まんまるねんねを知って、実践している事

 

こんにちわ カラダスマイルサポーターのnanamiです
息子は明日で4か月を迎えます
ここ数日で寝返りのスピードも上がってますます目が離せないですが
成長は嬉しいですね
息子が動きたいと思う気持ちを助けてあげられるように左右対称に
近づけてあげたいなと思います

前回まんまるねんねとの出会いを少しお話しました
向き癖を改善という考え方ではなく向き癖スイッチが入りにくくなっているな
と感じていますその影響からか抱っこしても反りが減り、カラダの
柔らかさもでてきたな~というのが印象です

まずは抱っこの時、必ずまんまるにするように変えました
最初は嫌がってまんまるにするまでに時間がかかっていましたが
今では「ちょこん」とまんまる抱っこで落ち着いてくれています

次に寝る姿勢
息子はほんとによく寝るのでこの時間が一番大切かなと思い
いろいろ考えています
青葉さんではまんまるになるようなベットも売ってはいますが
もう月齢もそこそこ来ているので家にあるもので代用

とりあえず家にあるクッション類でいろいろ試しました
主人も私もリハビリの仕事をしているので職業病なのか
「評価」にはまってしまいます
リハビリも評価→治療→再評価→治療の繰り返しですから
「これは?」「あれは?」の繰り返しでした

首にしてる枕も青葉さんの「ピロー」というものです
首が横にコロンと倒れるのを防ぐものみたいですが
私的には頸椎のカーブを支えるのにもいいな~と感じました
ちょうど2~4か月にかけて首すわりのためにカーブが作られて
いくとお話しましたよね
その支えになってくれるものになりそうだなと感じました

試行錯誤している時、またまたばーばの登場です!

このゆうクッションというものを見つけてきてくれました
作業療法士さんが監修して作られたものらしいです
息子のカラダにちょうどフィットしてよかったです

もう寝返りを打ち始めた今では起きている時は
埋もれてしまってダメなんですが(笑) 
寝る時はこれにはまって寝ています


4か月に近づいた今ではこんな感じで横向きにも寝ています

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

まんまるねんねも一つの考え方です
自分の子供に合うかどうかはやってみなければわからないと
私は思っています
やってみて、どんな反応が出るのか・・
それがいい反応であれば出会えてよかったな~と思えますよね
試さないと何も始まらない
その選択肢が多ければ多いほどいいですよね

その選択肢を一つでも多くお伝えできたらいいな~と
思って書いているのがこのブログです

ママもベビーもスマイルで過ごせますように♫

2017.06.30

まんまるねんねとの出会い

こんにちわ カラダスマイルサポーターのnanamiです
今日で6月も終わりですね
今年も半分終わってしまいましたはやいな~
息子が生まれてからは特にはやいです
今日はなんだか晴れそうですね布団干さなきゃ!

突然ですが
トコちゃんベルトはご存知ですか?
産前産後に役立つトコちゃんベルトは有名ですよね
私も産後しばらくつけていました

6月23日

そんなトコちゃんベルトを扱う青葉さんの勉強会に
行ってきました
家族みんなで息子の向き癖をなんとかしようと
いろんな方面から検索かけてたんです!
そこで出会ったのが「まんまるねんね」です

これに出会うまでは正直何も考えず
まっすぐなふとんにタオルを枕にして寝かせてたんです
寝入りが悪い事もあるけど、そんなにひどくないし
よく寝るし・・と深く考えていなかったんです
向き癖も初めから少し始まっていたのにこれもまた
深く考えていなかったんです

☚1か月頃です
すでに右向き癖はじまっております

☚2か月頃です
2か月にして大の字で寝る息子を見て
かわいいとのん気な事を言っておりまして・・

1~2か月頃には向き癖になる要素に心当たりがありました
①平らなマットレスに寝かせ、枕は使用しない(寝る環境の悪さ)
②息子の右側に寝ていた
③縦抱きをしていた

縦抱きといっても極端にではないのですが息子は
生まれた時からフニャフニャ~という感じではなく
赤ちゃんなのに比較的しっかりしているところがあったんです

なので私たち夫婦も抱きやすいからと縦抱きの機会を
もってしまっていたなぁ・・と今思います

①寝る環境の悪さ

赤ちゃんのカラダの構造を考えればわかった事の
はずなのに本当にそちらに意識がありませんでした

赤ちゃんはおなかの中~生まれて首が座るまでは
背中を丸めてアルファベットの「C」のように背骨が
丸くなっています

首がすわる時に絵の真ん中の首のカーブ、腰がすわる時に
絵の右のカーブを動きの中で作っていくことが
自分のカラダを守っていくために必要な流れだと言われています

なのでC字に丸まった赤ちゃんを平らに寝かすということは
伸びない背骨を無理矢理伸ばされているようなものですよね
そりゃぁ・・寝にくいしカラダの緊張もあがるなぁ・・

よく寝るから!と思っていましたが
息子からのサインはあったんです
お昼寝と夜寝る場所をわけていたのですが、お昼寝の場所は
少しマットが柔らかく少しカラダが丸くなるんです
夜は平らに寝かせてました
夜は寝入るのに時間がかかっていたんです
夜泣きかな~とか軽く思っていましたがそれが原因だったのかも
しれません

「寝にくいよ~」と訴えていたのかも

②右側に寝ていた
今でもまだ「モロー反射」は残っていますが
息子は特に音に敏感ですぐに「ビクッ!」となります
私が右に常にいたことによって右側の私の声に、動きに
反応させていたのではないかと思います
「ビクッ!」となるとその瞬間カラダの緊張を高めますからね

③縦抱きをしていた
首すわり前はC字が赤ちゃんの自然な姿だとお話しました
C字になっている時はカラダがリラックスしていて
不必要なカラダの緊張は入らないですよね
これは大人でも一緒です 背骨の構造に逆らわない楽な
姿勢であれば緊張を高める事はないと思います
縦抱きをすると背骨が伸ばされますよね
そうするとカラダは無意識に「動き」だと判断して
筋肉を働かせてしまいます

筋肉も働かせていかないといけないのでは?

もちろんそうですが、成長真っ盛りの赤ちゃんの場合は
正しい骨格の位置で筋肉を働かせる
という事が左右差や歪みを生まないポイントではないかと
私は息子を見ていて感じています
成長の過程に逆らわず、その時期にあった動きを選択して
いかないといけないのかと

縦抱き抱っこ紐はやめておこう!と思って使っていなかったのに
なぜ縦抱きをしてしまったのか・・反省です

でも!そう考えると縦抱き抱っこ紐も注意しなければ
背骨の構造にすごく逆らって抱っこしている姿をよく
見かけますよね
首すわりまではあまり使用しないのがよく、青葉さんでは
スリングを推奨されていました
2人目だしそうもいかないなんて事もあると思います
そんな時は!
股関節のM字を阻害しない程度であぐらをかかせる
あぐらをかかせると自然と背中が丸くなります

お雛巻きって聞いた事ありますか?
産院では赤ちゃんが落ち着くからと紹介している
ところも多いみたいです

この状態で抱っこ紐に入れるのも一つの方法かと思います
背中まるまるを頭に入れてどうしようかな~と
考えてみて下さい

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

これはダメ、これがいいというのはもちろん人それぞれだと
思います
子供の特徴を一番に見ているのはママだと思いますし
カラダにも個性はあると思います

でも赤ちゃんのカラダの構造や成長の過程は生きていきやすい
ように長年進化してきたものなので逆らえないものなのかな
と私は思っています

その事を知るのと知らないのでは関わり方が変わるのかなっと
お子さんに一番合う方法を選択していけるといいですよね
私もまだまだ息子のカラダと向き合い始めたばかりなので
これから頑張ります

長くなってしまったので
具体的にどんな事を試しているかは次回お送りします

ママもベビーも笑顔で過ごせますように♫

2017.06.24

ベビーマッサージ②

 

こんにちわ カラダスマイルサポーターのnanamiです

6/21に2回目のベビーマッサージに行ってきました
自宅の最寄り駅のお隣駅前マンションで開催しているところです

時間は10時半~
やっぱりベビーとそのママを対象にするには午前中がいいのかな?
2時間の予定が組まれていて今回は半分ベビーマッサージ、半分は
ママの産後ケアを行いました

参加者は4人の予定だったそうですが雨だったのもあり
もう1組とうちで2組での参加になりました
息子と3週間違いぐらいの男の子と一緒でした


今日のマッサージはオイルを使用しないもので
目的としては改まらず、少しの時間を利用して出来るものを
紹介したいというものでした
オイルを学ぶと「やらなきゃ!!」と思ってしまうママが
多いそうです
オイルは使用しませんが手のぬくもりやスキンシップには
直接触れるのがいいとの事でオムツ1枚

息子は眠たい時間のはずですが今日は比較的ごきげんさんで
一緒にできました
全身の血流改善や「手はここだよ~足はここだよ~」と感覚を入れながら
触れる、呼吸の改善のための胸のマッサージなどを教えてもらいました

息子について様子や悩みを聞かれたので「向き癖」をお話すると
方法を教えて下さいました
もう1組の男の子も同じように右への向き癖が気になるとの事でした
・向き癖のある方の脇腹が緊張し血流が悪くなる
・右手をばんざいしながら指先から脇腹を通りお尻のあたりに血液を流す
イメージでさする
・右手をばんざい、右股関節を内側に倒すと脇腹のストレッチになる

と、教えていただきました

マッサージとは別ですが「寝かしつけのいい方法
産後ケアも行っている先生なのでバランスボールが置いてあるのか
と思いきや! バランスボールの揺れで寝かしつけれるよ~
とおっしゃるではありませんか
やや半信半疑でしたが、マッサージが終わって息子も眠気MAXで
いつもの爆泣きになる前にお試し


あっ 眠そう
あっ 寝た・・
しかも自分のカラダも楽だし
少し汗ばんできていい運動だし

素敵
というかんじでしたね(笑)

確かに前から息子も縦揺れが好きです
縦揺れで眠るお子さん多いですよね
それにはやっぱり本能的な理由があるそーです
私のなんで?センサーが働いたので調べました(笑)



こういう映像よくみますよね?ライオンや猫が子を
口に加えて運ぶ姿これは「輸送反応」とよばれるものだそうです
自然界の動物たちは敵から子を守るために行う行為ですよね
その時に泣いたり、暴れては敵に見つかり危ない目に遭う
だから子供は静か~に丸まって大人しく運ばれる
言い方を変えれば「親の育児に協力する本能」だそうです

それが人間の赤ちゃんにも本能的に備わっていることが
えらい先生たちの研究でわかりました
だから赤ちゃんは抱っこされると大人しく「運ばれてあげてる」
んですね(笑)
運ばれてあげてる時は縦揺れですもんね~ 
そう考えるとおもしろいと思うのは私だけ?
でもだんだん本能的なところから抱っこしてほしい
の感情がプラスされていくんでしょうね~
それもまたおもしろい

今日はそんな事を学んだ1日
バランスボール買おうかな

今はいちママとして参加しています
やっぱり参加しながら感じるのは医療的根拠は情報として少ないので
聞いた事を自分なりにまとめる時間を下さいね
へぇ~となる情報を載せれるように努めます

ベビーカラダスマイル
ママもベビーもスマイルで過ごせますように♫

Page Top