本町駅、肥後橋駅から徒歩5分!中高年の脳と体に必要なメンテナンスに特化したマッサージメンテナンス専門店

  • ご相談・ご予約

トレーナーのコラム

2018.04.07

脳橋を育てる動きは【ずりばい】☆ずりばいは自分が移動できることを知る最初の一歩なんですよね

 

こんにちわ☺
mamaPT カラダスマイルサポーターの
nanamiです

息子さん、保育園デビューしてから一週間🌸
離れる時と迎えにいった時はまだギャン泣き
です(笑)家でも後追いが復活しました
結構わたしからちょこちょこ離れていくのも
平気やし人懐っこいから大丈夫かと思っていましたが
母という存在を本能的にわかってくれている
のだと母は少し嬉しかったりします
まぁきっとすぐケロっとするという予想ですが✨

わたしのブログは寄り道も多いので
内容がポンポン飛びますがすいません(笑)

でも今のところは人間のチカラ=人間力の土台と
なる脳の場所!脳幹について少しずつ書いている
ところなのでお付き合いください

以前、脳橋の役割を少し書かせて
もらったんですけどね・・
もちろん脳橋自体もしっかり役割を持っていて
なくてはならない存在なのは
もちろんだということを前提に
脇役という呼び方は少し違うところもあるのですが
「動き」に関してみると
脳橋は小脳や大脳を生かすキーマン
ではないかと思っています
ドラマも脇役がいるからこそ
成り立つところも多いですもんね
内容はこちら☆彡

脳橋がどんな役割があって大切かというところを
知ってもらったところで

じゃあどうやったら育つねんっ!という話ですよね

それが【ずりばい】なんです👶

【腹ばい】とも言ったりしますが・・
動きとしてはおなかを床につけたまま移動する
ワニみたいな動き🐊


床を「這う」ということですよね♪

このことがまずヒトが「移動する
「自分のカラダって移動できるんや~」と
知る初めての動きになるわけなんです

この動き、実際やってみてくださいっ!
けーーーーっこうしんどい
簡単そうに見えて難しいし、しんどい・・

と、いう動きをパワーのない赤ちゃんが
するんやからすごいことやと思いませんか?

そのために大人がやってあげられることは
動きやすい環境作りや
動きやすい服装を選んであげること!

これだけ?ということが赤ちゃんにはかなり
大切そうやと想像できますよね😀

そしてもし【ずりばい】をやろうと思ったときに
肩やら腰やら足やらに動かしにくさや痛みを
抱えてる方がやった時・・
動きたくなくなりませんか?

「動きにくいからすぐ疲れる・・しんどい」
「やってられん・・

と感じると思うんです💦

赤ちゃんも同じこと
確かに赤ちゃんはまだ痛みを感じることは
乏しいですが・・
肩やら腰やら足に動かしにくさがあるために
動くのを諦めてしまうということは
十分に考えられることやと思うんですよね・・
赤ちゃんはただでさえ
「動き方」もまだまだ覚えてる最中ですから
その両者のサポートが
必要だということが伝わると嬉しいなと思います

●カラダの動かし方を覚えていくサポート
●カラダの動かしにくさがないかの観察、改善

この2つを見ていってあげるのが
大切なのかなと思うんです✨

この話をこの脳橋のところでするのは
【ずりばい】が
移動する!という最初の一歩の大切な段階やから

赤ちゃんに動くことを
諦めてほしくないですもんね・・?💦

息子はほぼずりばいをしなかった・・
というか出来なかっただろうと思います
わたし自身も不安がいっぱいでした💦
そういう想いを抱える家族のプラスの気づきに
なりますよーーーーに

ずりばいの大切さが少しでも
伝わると嬉しいです☆彡

ベビーとベビーを想うすべての方が
スマイルで過ごせますように♬

川辺でたそがれる風の息子です

2018.04.05

どんな人になってほしいと思って子どもと向き合っていますか?どんな人になるにも土台には「人間力」が必要になるのではないでしょうか

 

こんにちわ☺
mamaPT カラダスマイルサポーターの
nanamiです

しばらくブログが動いておらずで・・💦
4月より正式にグーエンスの森のスタッフとして
お世話になることになりました✨
施術者としてではないのですが・・
新しいことを考えておりますので追々
伝えていきます( *´艸`)
それに伴い息子は保育園デビューです😀
離れる時は泣いていますが少し経ったら
ケロっとしているようで
家族以外の人や、環境でたくさんのことを
感じてほしいなと思っています
社会への第一歩👣として頑張れ息子よ!

ベビーカラダスマイルが伝えたいことの軸には
【やりたい!を叶える子を育てる】という
考え方をもっているんですけどね

っていうのは、私も天海先生も息子に
やりたい!を叶えられる子に育ってほしいと
思ってるからなんですけどね♪
これからもそう思って育てていきたいとも
思ってるし・・☆彡
天海先生もわたしをそう思って育ててきたんだと
思います💨

息子に対しては
0歳の時からそうなのですが
まだ言葉も話さない、動きも乏しいはずなのに
なにを今やりたいのかという意志をすごく
感じる子なんです
あそこに行きたい!あれを触りたい!
こっちが食べたい!
と、いうかんじで・・
そしてそれを達成した時のテンションのあがり方や
笑顔を見ているとこっちまで嬉しくなるんです✨

まぁ1歳になったこれからはすべてを
叶えさせるというワガママとの区別をつける
必要があるので
難しくはなってきますが・・笑💦

でも「やりたい!」という表現を失うのが
一番、親としては悲しいことだと私は
息子を1年育ててきて感じていることなんです
そしてそれがもし「やりたいのに出来ない」
だったら更に悲しいなと思うんですよね

そして出来ない原因がカラダの不具合から
だったら更に更に悲しい・・

でも発達を学ぶほど
簡単にケガをする子どもは増えているし
出来て当たり前だと思っているような動きが
出来ない子どもが増えているし・・
そしてそれが脳の発達にまで影響すると
知った日には・・💦💦💦
現代の子どもたちの問題はカラダにあると
いうことを思い知らされる

と、いうことは・・
やりたいことがカラダの自由がきかないせいで
出来ていない子どもがたくさんいるかもしれない
ということですよね💦
率直に息子にはそうなってほしくないと
素直に思えます✋

わたしと同じように思う家族って
多いんじゃないかな~と思うから・・


そしてベビーカラダスマイルはこれから
「人間力」という言葉を使おうと
思ってるんですけどね

人間力をつける=
やりたい!を叶えられる人
という考え方をもってやっていこうと
思っています


ではでは「人間力」ってなんやろう?
ってなりますよね


「人間力」って言葉から
十人十色の考え方がでるとは思うんですけども!
それはそれでいいと思うんですけどね
逆に皆さんがどういうイメージを持つのか
聞いてみたい気もするし・・♬

ベビーカラダスマイルが思う「人間力」は
【問題解決】と【目標達成】

今後どんなことにも【やろう!】と思うことには
問題がくっついてきますよね
すべてがスムーズにいくことはなかなかないと思います💦
でもその問題がやってきたときに

「どうやったらうまくいくかな~」とか
「こうやってみたらどうやろう?」
「ちょっと試しにやってみるか」という
考える力動く力が必要になりますよね

そしてそれを実際に「達成」するチカラ
その繰り返しが出来ることで自分が社会の中で
存在する意味をやっと考えられるところに
立てるのかな~と思ったり・・☆彡

それはスポーツでも
勉強でも
人間関係でも
なんでも言えることなんだと思います🌸
それが仕事になり、結婚になり子孫繁栄になり(笑)
どんなことでもいいと思うんですけどね♪
だから他の動物にはない「人間のチカラ」=人間力
をもつことで自分がやりたいと思う方向に
進んでいけるのかなと・・

時代が進むにつれて
発達障害、自閉症、引きこもり、ニート・・
という言葉が増えていることは確実ですよね💦
この背景にも
「人間力」を持ちにくくなっている環境
というものがあるのではないかとわたしは思います

それが問題に立ち向かいたいのに出来ない「脳」
かもしれない?という考えに発想を転換することが
必要になってくるのではないかなと思うわけです

それをココロが弱いとか性格だからとかで
片付けていいんやろか~・・っていうね・・💦
わたしは医者でも研究者でもないので論文のような
ことは言えないけど
「動きが脳を育てる」ということはわかっていることやし
じゃあ動けなければ脳は育ちたくても育てない
だから人間として必要な問題解決や目標達成
が出来る脳に育たないかもしれない可能性があるということは
いえることだと思います💨

「こんな人になってほしいな~」と子どもを想う人には
気づいてほしいことやと思うんですよね✨

決してわたしや天海先生が人間力完璧
いうわけではございません(笑)
失敗も反省もあるからこそ言えることがあるのかなと
思うわけです

でも明らかに生活様式が変わっていく中での
子どもの発達には
その「人間力」を持つための意識をする必要
出てきてるんやな~と現役ママとしては
感じています

そしてベビーカラダスマイルは
その人間力をつくる土台が0歳の動きにあることに
気づいたので!

わたしはこれから発達に大切なことを
カラダと脳の話を通して伝えていきたいな~と
思ってて、そこに「人間力」っていう言葉を
使っていきたいなと思うので
少しでも伝わりやすくなるように
この話を先に書かせてもらいました


皆さんも人間力ってなんやろ~って考えてみて
くれると嬉しいです✨
どんな答えでもそれは「やりたい!」と想うことの
助けになるようなチカラではないですか?

ベビーとベビーを想うすべての方が
スマイルで過ごせますように♬

2018.03.28

脳橋を育てる大切さを知ろう★橋は小脳や大脳の働きを生かすキーマンなんです

 

こんにちわ☺
mamaPT カラダスマイルサポーターの
nanamiです

桜が咲いてきましたね~🌸
最近グーエンスの森に寄る
際にはうつぼ公園で息子を
遊ばせながらご飯を食べたりコーヒーを
飲んだりして天海先生と過ごしています✨
うつぼ公園気持ちいいですよね~

さぁさぁさぁ!やっとやっと(脳橋)の話に
入ろう橋=「きょう」と読みます✨


★脳幹=延髄、橋、中脳の総称ということも
お忘れなく(^^)/

橋の働きとしては
噛むことに関与する咀嚼筋の神経や
目を動きにつながる神経
聴覚やバランスに関わる神経など
今後生きていく上で必要不可欠な
神経が多く通っている場所なんです💡
その神経の働きを生かすにももちろん
橋が育つことが大切♬

延髄が脊髄からの情報を第一に受け取り
大脳へスムーズに情報を送ったり
逆に大脳から脊髄へ情報を送る際にも
その間に存在する脳幹の役割が大切だというお話を
しました💨
もちろん延髄と同じで「橋」が育つことも
同じことです
橋よりも上の中脳や大脳へ情報をスムーズに
送れるかどうかのキーマン🔓になってきます!
どこかでせき止められることが
ないように1つずつ大切に育てていきたいところです(^^)/

そしてもう一つ「橋」の大切な特
徴は!!

イラストを見てもらうとわかるように
脳幹の中でも「橋」は「小脳」と隣りあわせなのが
わかってもらえるでしょうか?✨

と、いうことは名前のとおり各情報を
小脳⇔脳幹間で【橋渡し】する役割を果たして
るんですよね👍橋という名前が付けられたのも
見た目的にも小脳へ橋がかかってるみたいだ~
というところからだそうです

小脳の役割を知ればもっと橋の大切さが
わかると思うのでそれはまた追々・・🌸
でもな~んとなく、小脳はカラダのバランスをとるところ?
ということを知ってる方は多いかもしれません💨

たしかにそうなんです✋
すごく大切な役割ですよね!
でも橋が十分に育たなければその大切な小脳の働き
まで生かしてあげられないかもしれないということを
今日の話で気づいてほしかったんです💦

橋だけが育てばいいわけでも、小脳だけが育てば
いいだけでもなく
カラダはそれぞれ「つながり」や「相互作用」が
とても大切だとわたしは思っています( *´艸`)

確かにカラダは不十分な場所を補うという優れた
特徴も持っているとは思います
でもそれはなんとか・・ギリギリでカラダを守って
いく方法にすぎないのではないかなと思うんですよね💦

そうではなくて❕
自分がやりたい✨と思うことに挑戦できるカラダに
するためには脳の各場所それぞれが十分に強く育ち、
つながりや相互作用にて何倍もの力を出せるように
することが大切なのかなと発達を学ぶことで
教えられた気がします👍

そのために「どんなけ細かいねんっ!」と
つっこまれようとも
1つずつカラダのことを知り、気づいていくのが
大切かなと私は思うし、同じように思ってくれる方が
いてくれると嬉しいなと思っています(^^)/

とりあえず、今日は
橋が小脳や大脳への大切な橋渡し役を持ってて
自分だけじゃなくて小脳や大脳の働きを生かす
鍵を持ってるんや!!
ということを知ってもらえるだけで十分かなと
思います~♬
橋のお話続きます~★

ベビーとベビーを想うすべての方が
スマイルで過ごせますように♬

2018.03.21

脳の発達は確かにプログラミングされていますが、その時期にその動きが出来るか出来ないかは別の話です

 

こんにちわ☺
mamaPT カラダスマイルサポーターの
nanamiです

今、ベビーカラダスマイルのブログでは
脳の各場所の役割を知ることで
「それは育ててあげたい!!」と気づいて
もらえるように延髄から書いているのですが・・

さぁ!「脳橋」の話をしようかな♬

と思ったんですけど(笑)

その前に・・
各動きが、各脳の場所を育てる!とお話
してるんですけどね
延髄→仰向けやうつぶせでの手足バタバタ
脳橋→ずりばい
中脳→四つ這い、ハイハイ
大脳→2足歩行

っていうのは確かにわかっていることなんですが
こうやって分けて書くことで
少し誤解を与えないように先に説明しておきますと

確かにヒトとして生まれてきたら
脳が延髄→脳橋→中脳→大脳の順に発達していくことは
確かにプログラミングされています
だから手足バタバタ→ずりばい→ハイハイ→歩行
というのも当たり前だと思っているかもしれません


でも!!
その動きが出来るか出来ないかは別の話です

と、いうのはうちの息子は
ほとんどずりばいをしなかったんです💦
お腹をついてズリズリ動いていた記憶がほぼありません💦
そのあたりからわたしも天海先生も

発達を勉強しはじめて
やっと発達の軌道を知ったので

脳橋を育てたかったその時期に
息子はズリバイが「出来なかった」んです・・
あとから天海先生といろいろ考えて出た答えは
「カチカチ」のカラダだったからかなと

カチカチだった原因はいろいろあると思うのですが
・分娩時の頚部への負担があったかも?

・赤ちゃんなのに丸まり方がわからなかった?
(反りが強く丸く寝るのが苦手だった)
・早くから縦抱っこをしていた?

というところからカラダがカチカチで
床をワニのように動くのが難しかったのかな
と思っています💦

なので動き始めた時にはすでにおなかや
お尻を浮かせたような状態でした

そこからいろいろ調べて
四つ這いやハイハイは軌道に乗せたし
遊びを通してズリバイのような動きを
一緒にしてみたりということを今でもしています✨

息子を例にしてもわかるように
その動きをしなくてもどんどん脳の発達は次へ
進んでいってしまうんです
ハイハイをせずに歩いてしまう子が現代に多い
ように・・
そして月齢がどんどん進んで脳で複雑なことを
処理する必要が出来きた時に初めて
その育っていなかった脳の場所が
「無理無理~💦そんな複雑なこと対応でけへん
と・・周りには『問題行動』として
捉えられてしまう可能性もあるということです

脳がこれぐらい育った~!
なんて目に見えるものではないですよね💦
だからこそ、どの時期にどんな動きが大切なのかを
知って「動き」で発達を見ていく必要が
あるのかなと思っています

息子は
手足バタバタやハイハイは目にみえてたくさん
したので脳も育ったな
というところはあるのですが
脳橋(ズリバイ)に関しては
今後取り戻していかなあかんやろな~
と思っています

取り戻せるん? というところですが

いくつになっても動きから脳が発達することに
変わりはありません
でも0歳に比べると何倍も・・いやヒトによれば
何百倍もズリバイをしないといけないかも
しれない
月齢が進むほど量も質も
たくさん必要になってしまうというのも
ヒトの特徴のようです

それなら
0歳の時に出来ることを一緒にやってあげたいな
とわたしは思ってきました✨
それにまだ月齢が小さいうちにまだまだ
延髄だって、脳橋だって、中脳だって育てるような
遊びを一緒にしたいなと思っています

気づいたところから始めるも良し
でも0歳の最初から、いやお腹にいる時から
このことを知っていたら出来ることって
変わりそうだな~と思うんですけどね

だれかの気づきになればうれしいです(^^)/

ベビーとベビーを想うすべての方が
スマイルで過ごせますように♬

2018.03.20

ベビーカラダスマイルが伝えたいものとは★やりたいことを叶えられるヒトになるために大切な時期が0歳だとわかってきていることです

 

こんにちわ☺
mamaPT カラダスマイルサポーターの
nanamiです

1歳になった息子は
かなり寝かしつけが楽になりました✨
夜も部屋を真っ暗にしたらゴロゴロ~
ゴロゴロ~と布団を動き回りながら
いつの間にか寝るようになって
息子が寝てからいろいろしようと思ってるのに
一緒に横になってるそのまま寝てる毎日・・
家族みんなで9時就寝なんてこともしょっちゅうです

ベビーカラダスマイルが
ヒトが発達していく上で大切で伝えたいポイント💡
①0歳は発達の順番を1段ずつ確実に
登っていくことが大切。
それは0歳時の動きの量や質が
そのまま脳の各場所を育てることに
つながるから✨

② ①を踏まえて
脳が育ったから動き始めた、
脳が育つまで待っていればいいや
という考えではなく!
その時その時をたくさん動いて
カラダを鍛えたことが脳を育てることに
つながった
と、考えられる見方をしませんか

というものです

このことはわかっているようで実はピンときて
いないことなのかと思います💦

おなかの中にいる時に脳はできてるんでしょ?
月齢が進んでいけば自然に動けるようになるんでしょ?

ちがーーーーーう

おなかの中で作られるのは「脳の器だけ」
ヒトとして生きていくための脳は生れ落ちて
動きながら育てていくもの🌸

月齢がくれば自然に動けるようになる・・
と、いうのは間違いではないです
脳の障害がない限りは2足で歩けるようになる
ようにプログラミングされているのがヒトです

でも2足で歩くことがゴールではないですよね?
この先に自分がやりたいことや挑戦したいことを持つ
大人になっていってほしいって赤ちゃんを見守る人
なら誰でも思うと思います(^^)/

その「やりたいことを叶えられる脳」に近づけるのが
0歳にどれだけどんな動きをして脳が育ったか
かかっているということがわかってきているんです

なぜわかったかというのは
時代が進むにつれて「発達障害」という
言葉が拡がってきたためです💦
先天的な脳障害も問題としてはありますが
それだけじゃないよな~・・
とたくさんの方が研究や調査を
かさねて気づいたことです!
まだまだ研究や調査は続いていくと思います

そうやってわかってきたことを「予防する」人が
これからはいるんじゃないかと思うんです

起こったことの原因を探る人がいれば
起こったことの対応をする人がいる
そして起こらないようにどうすればいいか考える人がいる

やることは違っても
子どもの未来を考えてやってることには
みんな違いはないと思うんですよね✨

息子が生まれてきてくれたことをキッカケに
発達の大切さや子どもには未来があるよねって気づけて・・
そしたら動きの勉強をしてきた理学療法士の私と
施術の勉強をしてきたボディケアプロの天海先生が
「予防」に関わっていくことも
必然なことなのかなと
今は思っています

次は脳橋の話をしようと思ってたのに
また違う話をしてしまった・・笑

でもこれがベビーカラダスマイルが伝えたい軸に
なるものなので読んでいただけてよかったです

なのでわたしは難しい話をしたいのではなく
やりたいことを叶えるヒトになるためには
脳の各場所を1つずつ育てていく大切さを伝えたい
わけです
どんな働きをしていて、どう大切なのかを
知れば「それは育ててあげたい!」
につながりやすいのではないかと思うから・・

そのために脳の話をしていることを
わかっていただけると嬉しいです

ベビーとベビーを想うすべての方が
スマイルで過ごせますように♪

Page Top