本町駅、肥後橋駅から徒歩5分!中高年の脳と体に必要なメンテナンスに特化したマッサージメンテナンス専門店

  • ご相談・ご予約

トレーナーのコラム

2017.12.16

噛む力は足を踏みしめることで発揮できるもの!しっかり足をつく姿勢が大切なんですね

 

こんにちわ
mamaPT カラダスマイルサポーターの
nanamiです

前回、離乳食において
乳児嚥下と成人嚥下の違いを
知ることと、
離乳食でまず大切なのは口を閉じて捕食する
ことです!ということをお話しました
内容はこちら★

今日も離乳食に向き合う際に
大切な「噛む力」についてのお話

「噛む」というのは
食べ物を飲み込みやすくするために
細かくしたり唾液を出すのに
大切ですよね

噛む=医療用語では咀嚼(そしゃく)といい
咀嚼筋という筋肉が動く
立派な「運動」にあたるわけです

ここでちょいとだけ難しい話ですが
わたしも理学療法士ですが物理は
ちょっと・・ではあるんですが(笑)
「運動」というのは作用・反作用という
双方からの力が働くことで成り立っている
わけです

↑この運動はちょっと動きが
大きいですが(笑)
でも地面を蹴る力地面から押し返される力
というのが作用反作用です

カラダの一部分を動かすにも
その力を「受け止める反対の力」が必要なわけです
咀嚼という小さな運動でもその力が必要に
なってきます
運動の大部分を受け止めているのが
地面と接している足底(足の裏!)
噛む力もこの足底で地面を踏みしめることで
反作用の力が発生して力となっているそうです

なので!離乳食時も大切なのが
足を床に接地して食べているかどうかだと
離乳食時だけじゃないらしいですけどね
いくつになっても、もちろん大人になっても
足をブラブラさせて食べるのはどの年代でも
噛む力1/4減、残食2割増・・
というデータも出ているそうです

なので特に口の機能を育てている
離乳食時に足をついて食べるというのが
大切なのは納得できますよね

今、息子はこの椅子に座って食事
しています



ただいま口の中の機能を育ててる
真っ最中なのでしっかり条件を揃えて
練習していきたいな~と思っています

この椅子を購入する前はこの椅子を
使用してたんですが・・

使ってる方多いかと思うのですが
そのまま使うと足がブラブラしちゃいますよね
わたしは足元にもう一つ椅子を置いて
足をつけるようにしていました

今、使っている椅子でも
「足をつく」ということを覚えていれば
一工夫で使えるものもあるかと思います

ベビーたちが

自分でおいしいものを食べれますように♫
気づきになればうれしいです


ベビーとベビーを想うすべての方が
スマイルで過ごせますように♫


Page Top