本町駅、肥後橋駅から徒歩5分!中高年の脳と体に必要なメンテナンスに特化したマッサージメンテナンス専門店

  • ご相談・ご予約

トレーナーのコラム

2018.04.07

脳橋を育てる動きは【ずりばい】☆ずりばいは自分が移動できることを知る最初の一歩なんですよね

 

こんにちわ☺
mamaPT カラダスマイルサポーターの
nanamiです

息子さん、保育園デビューしてから一週間🌸
離れる時と迎えにいった時はまだギャン泣き
です(笑)家でも後追いが復活しました
結構わたしからちょこちょこ離れていくのも
平気やし人懐っこいから大丈夫かと思っていましたが
母という存在を本能的にわかってくれている
のだと母は少し嬉しかったりします
まぁきっとすぐケロっとするという予想ですが✨

わたしのブログは寄り道も多いので
内容がポンポン飛びますがすいません(笑)

でも今のところは人間のチカラ=人間力の土台と
なる脳の場所!脳幹について少しずつ書いている
ところなのでお付き合いください

以前、脳橋の役割を少し書かせて
もらったんですけどね・・
もちろん脳橋自体もしっかり役割を持っていて
なくてはならない存在なのは
もちろんだということを前提に
脇役という呼び方は少し違うところもあるのですが
「動き」に関してみると
脳橋は小脳や大脳を生かすキーマン
ではないかと思っています
ドラマも脇役がいるからこそ
成り立つところも多いですもんね
内容はこちら☆彡

脳橋がどんな役割があって大切かというところを
知ってもらったところで

じゃあどうやったら育つねんっ!という話ですよね

それが【ずりばい】なんです👶

【腹ばい】とも言ったりしますが・・
動きとしてはおなかを床につけたまま移動する
ワニみたいな動き🐊


床を「這う」ということですよね♪

このことがまずヒトが「移動する
「自分のカラダって移動できるんや~」と
知る初めての動きになるわけなんです

この動き、実際やってみてくださいっ!
けーーーーっこうしんどい
簡単そうに見えて難しいし、しんどい・・

と、いう動きをパワーのない赤ちゃんが
するんやからすごいことやと思いませんか?

そのために大人がやってあげられることは
動きやすい環境作りや
動きやすい服装を選んであげること!

これだけ?ということが赤ちゃんにはかなり
大切そうやと想像できますよね😀

そしてもし【ずりばい】をやろうと思ったときに
肩やら腰やら足やらに動かしにくさや痛みを
抱えてる方がやった時・・
動きたくなくなりませんか?

「動きにくいからすぐ疲れる・・しんどい」
「やってられん・・

と感じると思うんです💦

赤ちゃんも同じこと
確かに赤ちゃんはまだ痛みを感じることは
乏しいですが・・
肩やら腰やら足に動かしにくさがあるために
動くのを諦めてしまうということは
十分に考えられることやと思うんですよね・・
赤ちゃんはただでさえ
「動き方」もまだまだ覚えてる最中ですから
その両者のサポートが
必要だということが伝わると嬉しいなと思います

●カラダの動かし方を覚えていくサポート
●カラダの動かしにくさがないかの観察、改善

この2つを見ていってあげるのが
大切なのかなと思うんです✨

この話をこの脳橋のところでするのは
【ずりばい】が
移動する!という最初の一歩の大切な段階やから

赤ちゃんに動くことを
諦めてほしくないですもんね・・?💦

息子はほぼずりばいをしなかった・・
というか出来なかっただろうと思います
わたし自身も不安がいっぱいでした💦
そういう想いを抱える家族のプラスの気づきに
なりますよーーーーに

ずりばいの大切さが少しでも
伝わると嬉しいです☆彡

ベビーとベビーを想うすべての方が
スマイルで過ごせますように♬

川辺でたそがれる風の息子です

Page Top