本町駅、肥後橋駅から徒歩5分!中高年の脳と体に必要なメンテナンスに特化したマッサージメンテナンス専門店

  • ご相談・ご予約

トレーナーのコラム

解剖学について

2015.06.04

血管ってどんなもの?③



こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

前回のコラムに引き続き血管のお話です!

③毛細血管
細動脈(動脈の先端)と細静脈(静脈の先端)とを
結ぶ網目状の血管で最も細い血管です

壁は動脈や静脈と違い
単層の内皮細胞(ないひさいぼう)から
出来ていて平滑筋はありません

壁の細胞の隙間を通して
血管内の血液中と組織の間で
栄養素酸素二酸化炭素老廃物などの
物質交換が行われます\(^o^)/

血管の中で一番細い血管ですが
動脈から送られてきた栄養酸素などを
やり取りするのにとっても大事な
血管なんですよね(^○^)

年齢を重ねていくうちに
だいたい30~40代ぐらいから
毛細血管は少なくなっていくと
言われています☆

ですが運動して筋肉を使うことによって
再生可能だそうなので
やはり身体を動かすという事が
本当に大事ということなんです!!

今回はこの辺で\(^o^)/

2015.04.28

血管ってどんなもの?②

こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

前々回の続きです!

②静脈
動脈と違って静脈の壁は
薄く柔らかく毛細血管に続き
血液を心臓に送り返す血管
中膜の平滑筋が少なく
弾性も乏しくなっています

細動脈から静脈へ移る
始まりの部分を同じように
細動脈と言います☆

また静脈の場所によっては
内膜に半月状の静脈弁を持っていて
血液の逆流を防いでいるんですよ

静脈弁があるお陰で
血液が逆流せずに心臓へ
戻れているんですね(^○^)

おんなじ血管と言われるものでも
こんなに違うんです!!

次回は毛細血管について
お話します

2015.04.16

働きや構造によって呼び方が分かれます

こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

前回のコラムで出てきた
平滑筋弾性繊維とは何や?!って
思われた方も少なくは
ないかもしれません(*´∀`)

そこで今回は平滑筋
弾性繊維についてお話します♪

【平滑筋】
筋肉とひとくくりに言っても
実は働き構造によって呼び方が違います!

平滑筋とは内臓筋とも言われ
自分の意思で自由に動かしたり
止めたり出来ない付随筋の事です☆

例えば消火器や泌尿器・血管などの壁を
作っているのですが胃や腸を動かしたり
尿などを運んだりと言うことを
意識して動かすことは出来ないですよね?

こういう部分は平滑筋で出来ている
ということなんですよ(*´∀`)

【弾性繊維】
身体の中で器官や組織の間を
埋めている結合組織を構成するもので
タンパク質のエラスチンから出来ていて
弾性があります\(^o^)/

こういったものを
弾性繊維と呼びます

今回はこのへんで!!
次回に続きます

2015.04.11

血管ってどんなもの?①

こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

前回までのコラム
血液の流れについてまとめてみましたが
今回は血液が流れるために必要不可欠な
血管についてお話したいと思います♪

血管とは内膜・中膜・外膜の
3層から出来ている
ことをふまえて動脈・静脈
毛細血管についてまとめてみます☆

①動脈
動脈は心臓から出た血液を末梢に
運ぶ血管のことを言います
また動脈の壁は拍動性の血流と
血圧に耐えられる様に厚く弾力があり
内圧が減っても丸い形が保てる様に
なっています\(^o^)/

動脈が弾性と伸縮性があるのは
中膜の平滑筋(へいかつきん)と
弾性繊維のお陰なんですよ!

平滑筋や弾性繊維については
次回詳しくお伝えしますね(^○^)

ちなみに末端は
枝分かれして細くなっていて
これを細動脈と言い
動脈については
こんな風に出来ています♪


今回はここまでです!!

2015.04.02

流れるって素敵です!④

こんにちは!
マッサージセラピストの斎藤です

前回の続きです!!

④血しょう
血管の中を流れる淡い黄色の液体です
ですので結晶の中に赤血球や白血球
血小板がぷかぷかと浮いている・・・
といったイメージですね♪

血しょうは血管から外へ
細胞間に出ると組織液と言い
リンパ管内に入るとリンパ液
名前が変わります(^O^)/
また二酸化炭素や養分を運ぶ
役割も担っています

1つ1つの成分を簡単に
まとめてみましたが細胞との
やり取りをさらにまとめてみると

①動脈から毛細血管に入ると
赤血球が血しょうの中に
酸素を放出します

②血しょうの中に浮かんでいる
酸素を持ったまま細胞間に染み出し
組織液となりそこで酸素と
養分を細胞に受け渡し二酸化炭素などの
不要物を受け取ります

③不要物を受け取った組織液の1部は
リンパ管へ行き残りは毛細血管に戻り
静脈へ入っていきます

動脈・血液の流れ・動脈のやり取りを
なんとなく判っていただけたでしょうか?

今回はこの辺で!!

2015.03.27

流れるって素敵です!③

こんにちは!
マッサージセラピストの斎藤です

前回に引き続き
血液のお話です!!

②白血球
赤血球と違い無色で
アメーバ状のものです
身体の中に入ってきた細菌などを
自分の中に取り込んで
やっつけてくれるんです\(^o^)/

体内への細菌の侵入を
監視したり阻止してくれるので
白血球も大事な成分ですよね♪

やっつけた後の役目を終えた
白血球は膿として出ていきます

③血小板
血液の中にある
小さなかけら状のものを
血小板(けっしょうばん)と言います

例えば怪我をして出血した時などに
傷口に集まって血液を
固まらせてくれるのが血小板で

血小板が少なくなるとアザ
出来やすくなったりするそうです(◎o◎)

赤血球や白血球に引き続き
血小板も大事な成分の1つですね☆

まだまだ次回に続きます!!

2015.03.20

流れるって素敵です!②

こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

今日は前回のコラム
続きです(^○^)
冬の時期に特に出やすい
手足の冷えですが
これは何となく
血流の悪さが影響していそう
だと思いますよね?

その他のかかとのひび割れや
肌の乾燥も実は血流・循環が
大きく関係しているんです!!

血流とはそのまま血液の事ですが
血液の中身って何かご存知ですか?

赤血球・白血球・血小板・血しょうが
主な成分だと言われています
1つ1つ簡単にまとめてみると・・・

①赤血球
ヘモグロビンと呼ばれる色素を
含んでいてこれが酸素とくっついて
身体中に酸素を運んでくれます

フリスビーの様な形をしていて
真ん中がくぼんでいるイラストを
見られたことはないでしょうか?

上の写真を見てみて下さい♪
このくぼんだ形にも理由があって

くぼみに酸素をのせて毛細血管など
細い血管までも2つ折りになって
届ける時に酸素が落ちない様に
なっているんだそうです!!

ただ何となくくぼみを
描いている・・・という訳では
ないんですよね(゜o゜)

他の成分は次回に続きます!!

2015.03.12

流れるって素敵です!①

こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

今日は最近のマイブームからの
お話をしたいと思います\(^o^)/

毎日毎日
仕事や家事などで
日々お疲れが溜っている方も
少なくないと思いますが
そもそも疲れにくい人と
疲れやすい人の違いって何だか
ご存知ですか?

以前にもリンパの
流れについて
コラムでお話したことが
あるのですが
循環が悪いと疲労物質
身体には不必要な物
蓄積されていきます(+o+)

疲れにくい人は
そうした血流などが良く
すみずみまで毛細血管が
いきわたり酸素疲労物質
交換が行われているんだと
思われます!!!

この循環を良くするのが
最近のマイブームなんです(^○^)

手足が冷えるとか
肌が乾燥する
かかとがひび割れる
身体のむくみを感じる
などが当てはまる方は
もしかすると
循環血流が滞っている
可能性があります・・・

この冬の時期は
冷えや乾燥などは
気になりますよね(+o+)

次回はさらに
掘り下げてお話したいと
思います\(^o^)/


2015.02.16

再び教育し直します!⑥

こんばんは!
マッサージセラピストの齋藤です

前回のコラムで出てきた
拮抗筋についての
面白いお話をしたいと思います!

今回も例えに上腕二頭筋
上腕三頭筋を挙げてみますね♪

ご自分の上腕二頭筋
(力こぶと呼ばれる部分)を
触ってみて下さい
ほとんどの人が
カチカチで触ると
硬く感じませんか?

そして拮抗筋である
上腕三頭筋
(ふりそでと呼ばれる部分)は
揺らすとぷるぷるして
たるんでいたりしませんか?

これは普段荷物を持ったり
肘を曲げて作業していたりして
常に上腕二頭筋を使ってるため
縮みきった状態で拘縮または
短縮している上腕二頭筋に対して
上腕三頭筋は伸ばされきって
縮むことを忘れて
弱化している状態なんです!!!

つまり同じ動作の繰り返しなどで
一方をずーっと使っていると
他方が上手く使えなくなり
弱くなってしまう
という事なんですね(*o*)!!

なのでどちらも
バランスよく使うこと
縮んでいる方は伸びやすく
緩めてあげて
弱くなっている方は
力を出せるように動かして
使っていくことによって
本来の身体の姿勢や
骨格のバランスを
取り戻してあげることが
大事なんです!!

それを身体に
覚え直して貰えれば
動かしにくかった肩や
脚がスムーズに動かせるように
なるかもしれませんね☆

今回はこの辺で・・・・

2015.02.09

再び教育し直します!⑤

こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

前回のコラムの続きです!
拮抗筋(きっこうきん)という
また聞きなれない言葉が
出てきましたが肘の動きで
説明したいと思います

肘を曲げるときに
使う主な筋肉に上腕二頭筋
(じょうわんにとうきん)があります

上腕二頭筋は「二頭筋」という
名の通り筋肉の始まりが
2ヶ所あります

1つは長頭(ちょうとう)といい
肩甲骨の関節上結節
(かんせつじょうけっせつ)
から始まり橈骨粗面に着き
もう1つは短頭(たんとう)といい
肩甲骨の烏口突起(うこうとっき)
から始まり前腕筋膜に着きます

この上腕二頭筋が
働くと拮抗筋となるのは
ふりそでと言われる
上腕三頭筋です\(^o^)/

上腕三頭筋
(じょうわんさんとうきん)は
始まりが3ヶ所あり
1つめが長頭といい
肩甲骨の関節下結節
(かんせつかけっせつ)から始まり
2つめが外側頭
(がいそくとう)といい
上腕骨後面から始まり
3つめは内側頭
(ないそくとう)といい
上腕骨後面から
べたっとくっつきつつ
始まります♪

これらは3つとも
合流して尺骨の肘頭
(ちゅうとう)に
くっつくんですよ☆

つまり上腕二頭筋
縮んで肘を曲げている時に
上腕三頭筋は伸ばされている
状態になっています

でもいくら肘を曲げたくても
上腕二頭筋がきちんと
縮まなければいけませんし
その分上腕三頭筋
伸ばされやすくなければ
いけません!!

1つ1つの簡単な動作も
こういう風に
成り立っているんですね♪

次回に続きます\(^o^)/

2015.02.02

再び教育し直します!④

 

こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

前回お話した
使える筋肉にしてあげる
と言うことをもう少し
掘り下げてみたいと思います!

使える筋肉・・・とは
どういうことか?
そもそも筋肉の仕事って
何だと思いますか?

よく「伸びたり縮んだり」するのが
仕事と言われてきましたが・・・


実は!!!!!

「縮むこと」が仕事
なんだそうです!

筋肉が伸びたり
縮んだりしていたと
思っていた動きは
実は一方の筋肉が縮むと
他方の筋肉が
伸ばされている状態に
なっていたんです(+o+)!!

この他方の筋肉のことを
拮抗筋と言います


ですので使える筋肉
するというのは
その動きに対して
使う筋肉をきちんと
縮めることが出来る状態
または拮抗筋として
伸ばされていることが
出来る状態にする
と言うことです\(^o^)/

次回は拮抗筋について
具体的な例をあげてお話します♪

2015.01.26

再び教育し直します!③

こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

前回の続きを
お話したいと思います!

本来なめらかに
動く股関節が
動きにくい原因の
1つとして
股関節がすぽっと抜けて
しまわない様に
安定させている筋肉靭帯
一部が縮んでしまっていたり
硬くなってしまっているからだと
考えられます(^○^)

以前のコラム
お伝えしたように
お尻の筋肉も股関節に
関係しているのですが
お尻だけでも9つ
あるわけですし
他にも靭帯などを合わせると
沢山関係しているんですよね!!

その一部でも硬くなれば
そりゃあ動きも小さくなったり
するわけです・・・・

今ご自身の股関節って
どれぐらい動きますか?
あぐらをかいたり
出来ますか?
股関節に痛みが
あったりしませんか?

そういった痛みや
違和感などの原因と
なっている元をきちんと
使える筋肉にしてあげれば
もしかすると痛みや
違和感が改善されるかも
しれませんね!!

次回に続きます(^○^)

2015.01.12

再び教育し直します!②

こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

年が明けて初のコラムです!
今年もよろしくお願いします♪

前回のコラム
同じ動作を繰り返して
本来の動きを思い出すという
お話をしました

今回は具体的に
お話していきたいと
思います!!!

まず取り上げるのは
股関節です
よくサッカー選手が
ウォーミングアップなどで
片足ずつあげて股関節
大きく回しているのを
見たことがありませんか?

一般の方が普段あんなに
大きく股関節をまわす事って
まずないですよね・・・

けど本来の股関節の動き
というものはああいう風に
大きく動いたり
するものなんです!!

まず股関節の構造から
改めてお話すると
骨盤の寛骨臼(かんこつきゅう)と
大腿骨で成り立っています
写真を見ていただくと
まるい太ももの骨と
滑らかな臼状で出来ているので
滑らかに360度動くように
出来ています!

本来は筋肉や靭帯で
安定するように
くっついているので
360度も動きませんが(+o+)

ではなぜあぐらをかけない・・・
など自分で股関節を回しても
大きく動けなかったり
カクカクするのか・・・?!

次回に続きます!!!!

2014.12.01

信号を送ります

こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

今日は前回のコラムでお話した
「バイバイ」についてのお話です♪

簡単な様で意外と難しいこの動き
判らないなりにしばらく続けていると
あら不思議!という具合に
スムーズに動くようになります

これはいったい
なにが起きているのかと言うと・・・

私たちは脳からの命令で
手足を動かしたりしていますが
使われていない筋肉には
神経伝達や血液を送らなくて
いいんだと脳が勝手に判断して
神経伝達や血液が行き届かなくなります

それを繰り返し同じ動きをして
脳からの指令を行きわたらせようとすると
次第に血液や神経伝達が通り
自分の思う様に
動かせるようになるんです!!

年を重ねると
頭では判っているのに
身体が思う様に動かない・・・
なんてことよくありませんか?

その原因の1つとも言えるのが
脳からの指令が上手く伝わっていない
・・・と言うことなんです☆

だから脳からの信号を
通わせるように
意識して動かしたり
人に触って貰ったりすることって
とっても大事なんですよ!!

今回はこの辺で!!

2014.11.10

お尻は脚です!⑨まとめ

こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

今日までお話してきた
「お尻は脚です!」のまとめを
したいと思います!!

お尻は実は⑨つの筋肉で
出来ていることを
前回まで書いてきて
お尻の筋肉が働くと
脚が動くということに
気づいて貰えたでしょうか?!

そうなんです!

実は脚を動かすには
お尻の筋肉も
関係しているんです!!

前にコラムでお尻の筋肉が
使えていないと
太ももが太くなりやすい
といった話をしたことがあると
思うんですが
こういう理由が含まれて
いたんですね☆

馬のお尻に見える部分も
構造上見ると太ももであるように
人のお尻も脚として考えて
仙骨と骨盤で出来ている
仙腸関節(せんちょうかんせつ)と
呼ばれる所から
動かさないといけません(^○^)

お尻の筋肉が
使える様になれば
最近話題の腸腰筋も
使えるようになり
脚がきっと軽く感じられると
思います!!!

今回はこの辺で♪



2014.10.21

もっと大きな筋肉を使いましょう!

こんばんは!
マッサージセラピストの齋藤です

前回に引き続き
大阪マラソン応援ブログです!
脚を動かす大きな筋肉
腸腰筋殿筋については
お話しましたが
今回はふくらはぎの
筋肉についてです!!

ふくらはぎの筋肉は
脚の筋肉の中で重要な
大きな筋肉と言われています

表面には腓腹筋(ひふくきん)があり
ぺらっとめくるとあるのが
ヒラメ筋です(^○^)

この筋肉はつま先を
下にさげる動きに
地面を蹴る時に働くので
しっかりと伸びたり縮んだり
することによって力強い
蹴りだしが行えます!

またふくらはぎの筋肉が
伸び縮みすることで
血流を良くすることと
リンパの流れを良くすることが
出来るんですよ\(^o^)/

疲労回復の為にも
循環を起こし流れを
良くしておくことが
とっても大事ですよね♪

ふくらはぎのトレーニングとして
簡単に行えるのがつま先立ちを
繰り返すことです☆
歯を磨きながらやお皿を洗いながら・・・
ちょっとした時間を利用して
やってみてはいかがでしょうか?

今回はこの辺で!!

2014.10.17

脚を動かす前の筋肉はお尻と繋がっている!?

こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

久しぶりのコラムになってしまい
楽しみにしてくれている方には
申し訳ございません<(_ _)>

今日は前回に引き続き
大阪マラソン応援ブログです!

前回お話した脚を引き上げる
筋肉として腸腰筋が挙げられます
脚を動かすのは
太ももの筋肉じゃないの?!
と思われるかもしれませんが
太ももの筋肉・・・代表して
大腿四頭筋(だいたいしとうきん)を
取りあげてみると
筋肉の付着部が骨盤から
大腿骨についているので
それだけで上げようと太ももの
筋肉ばかり使ってしまい
発達し疲れがたまる上に
筋肉が硬くなると
短くなるので
骨盤を引っ張ってしまい
歪みの原因ともなります☆

ところが腸腰筋
腰椎から太ももの骨の内側の
小転子についているので
これを使うと身体の中心軸から
持ち上げられるんですよ!!!!

そして同じく小転子(しょうてんし)から
骨盤の後ろにお尻の筋肉がついているので
お尻の筋肉と腸腰筋もぐるっと
繋がっていると考えられます(^○^)

つまりお尻の筋肉が動くと
腸腰筋を使えるようになるという
ことです\(^o^)/

そして前々回お話した
走り方をして貰うと同じように
腸腰筋を使う様になれます!

今回はこの辺で!!!

2014.09.25

実は繋がってるんですよ

こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

前回に引き続き
大阪マラソン応援ブログです!

前回膝から下の
骨格についてお話しました♪
そこで今回は下肢全体のお話です!

下肢や脚全体にある筋肉は
それぞれが個別に存在していますが
実は帯状に足指から
前脛骨筋(ぜんけいこつきん)

そして太ももやお腹・・・と
繋がっています(^○^)

同じく後ろから見ても
横から見ても帯状に繋がっています♪

こうした帯状に繋がっている事を
意識して身体を動かしていくことが
出来ると本来の動かしやすい
身体になっていきます!!

皆さんも前回の足の動かし方を
意識してお腹から脚まで帯状
繋がっているんだ!と思って
お腹から脚を持ち上げるイメージで
走ってみてください!!!

次回は具体的に
脚を持ち上げる筋肉についてです!!

2014.09.22

3本の指がポイントです!

 

こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

前回に引き続き
大阪マラソン応援ブログです!

今回は足と下腿(かたい:膝から下の部分)
についてのお話です(^○^)

下腿とは腓骨(ひこつ)と
脛骨(けいこつ)と足の骨で出来ています

まず走るときに大事なことは
(歩く時にももちろん大事です!)

親指人差し指中指に重心を
置いて走る事です!

また足指をぎゅっと
グーにした状態で足の甲に
ぽこっと出てくる関節の所・・・
手でいうとグーにした時
手の甲にぽこっと骨が出てくる
部分の事なんですが
そこで地面を蹴るようにして

走ることが大事なんですよ(^○^)

何気なく走っていると
外側に重心がかかりやすく
すねの外側にある細い腓骨で
体重を支えなくちゃいけなくなり
太ももの外側を使ってしまいます(+o+)

その状態のまま走っていると
膝への負担がかかりすぎてしまい
膝を痛めることになります

まずは歩くところから
意識してみて下さい\(^o^)/

次回に続きます!!


2014.09.11

お尻は脚です!⑦

こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

前回に引き続き
お尻の筋肉のお話です!!

⑤内閉鎖筋 ⑥外閉鎖筋
内閉鎖筋(ないへいさきん)とは
大腿骨(だいたいこつ)と
骨盤の寛骨臼(かんこつきゅう)と呼ばれる
部分で出来ている股関節のすぐ下にある
閉鎖孔(へいさこう)の内側から
大腿骨の転子窩(てんしか)についています!

外閉鎖筋(がいへいさきん)とは
同じく閉鎖孔からついているのですが
「外」とつく通り閉鎖孔の外側から
転子窩についています!

つまり閉鎖孔と呼ばれる穴を
内側からと外側からと覆っている
ということなんです☆

これらは梨状筋と同じく
お尻の奥にある筋肉で
小さいのですが股関節の
外旋(脚をまっすぐのまま外にねじる動き)
に働きます♪

細かすぎて1つ1つを意識して
動かすのは難しいですが
やっかいなことにこれらの筋肉も
とても硬くなりやすいんです(+o+)

がに股の人はこれらの筋肉が
硬くなっている可能性大ですね!!

今回はこの辺で☆

2014.09.08

お尻は脚です!⑥

こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

前回のコラムでは
筋膜についてのお話をしました
それをふまえて引き続き
お尻の筋肉についてです!!

④梨状筋
梨状筋という名の通り
梨のような形をしている筋肉
と言われています

この筋肉は仙骨の前面から
大転子の端っこの後面についていて
お尻を後ろから見たときに
小殿筋の下に並んで位置しているんです!

そして皆さんもよく耳にしたことがある
「坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)」
と言われる症状は腰椎から伸びた神経が
梨状筋の下を走っていて
この梨状筋が硬くなったりしてしまう
ことによって神経を圧迫して
痛みやしびれが出たりするんですよ!!

もちろん腰痛の原因が
これ全部ではありませんが
硬まらせないためにも日頃からストレッチ
してみたりするのも1つの手段です

簡単に出来るのは
あぐらをかいてそのまま前へ
両手を伸ばしていくストレッチです♪

試してみて下さい\(^o^)/

今日はこのへんで♪

2014.09.06

筋膜ってなぁに?②

こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

前回に引き続き
筋膜のお話なんですが
筋膜ってそもそも何で出来ているか
ご存知ですか?

筋膜とはコラーゲンなどの
繊維が含まれているのですが
ほぼ「水分」で出来ていると
考えられています!

しかも感覚受容器と呼ばれる
神経の先っちょが刺激を
感じやすい様にうずまいたりして
手を伸ばしている部分が沢山ありここを
刺激することによって筋膜の中で
毛細リンパ毛細血管
老廃物を回収しドロドロがサラサラになります

また筋膜に存在する
プロテオグリカンと呼ばれる細胞が
刺激に反応し畜水している水分を
放出してくれるので同じくドロドロが
サラサラになるんです!!

血液でもそうですが水分が少ないと
筋膜もドロドロしてしまい
それぞれの筋膜も滑りが悪くなります(+o+)

滑りが悪くなると以前から
お話していた様に筋肉の動きを
制限してしまいます・・・

そうするとイメージとしては
自分がワンサイズ小さい服を着てしまい
動きにくくなるといった感じです☆

今回はこの辺で!!

2014.09.04

筋膜ってなぁに?①

こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

明日はサッカー日本代表が
新しい監督のアギーレさんになって
初の試合ですね!
どんな試合を見せてくれるか
楽しみです\(^o^)/

今日のコラムは前回少しお話した
筋膜についてです♪

筋膜とはその名の通り筋肉を覆う膜のことで
鶏肉を食べるときに薄皮みたいなのが
あると思うのですがそれのことで
細かく分けると

筋内膜(きんないまく)
筋周膜(きんしゅうまく)
筋外膜(きんがいまく)と
深筋膜(しんきんまく)
浅筋膜(せんきんまく)などがあるんです!

ここでは深筋膜と浅筋膜について
お話したいと思います(^○^)

まず深筋膜浅筋膜って
どこの部分か・・・なんですが
浅筋膜とは皮膚の表面から2㎜ほど
下にあり真皮(しんぴ)と呼ばれる部分と
皮下脂肪を少し含んだあたりの事で
繊維密度が少しだけ密の状態です

この浅筋膜と呼ばれる所に
触覚圧覚温覚を感じる受容器が
多く存在します!!

そして深筋膜とは浅筋膜より下
つまり皮下脂肪の下にあるのですが
脂肪の下には筋肉があるので
筋肉を包んでいる筋外膜という部分と
切っても切れないような関係なんです♪

なので筋肉の動きを制御するのは
深筋膜さらには浅筋膜が大きく関係しています!

次回に続く・・・

2014.09.01

お尻は脚です!⑤

こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

前回に引き続き
お尻の筋肉についてです(^○^)

③小殿筋
中殿筋のさらに下に
小殿筋(しょうでんきん)があります

小殿筋も大殿筋や中殿筋と同じく
腸骨翼から始まり大転子の前面につきます


極端に言うとお尻(お尻の後面)から
股関節の前面についているので
中殿筋と同じく少しねじれた状態で
ついているので股関節の外転
(脚をまっすぐのまま真横に開く動き)と
少しだけ内旋(脚を内ねじりする動き)
にも働きます(^○^)


大殿筋・中殿筋・小殿筋と3つ
重なっていますが最初にお話した様に
3つの滑走性が良くないといけません☆

重なっているからと言って
くっついちゃっていいわけでは
ありません!!

筋肉を覆っている筋膜(きんまく)と
いうものがあるのですがお互いの筋膜の
滑りが良くないと同じ動きをする時は
100歩譲ってくっついてしまっていても
仕方ないけど別々の動きをする時に
くっついてしまっていると
思うように動けないですよね(゜o゜)

次回はこの筋膜についてのお話です!

2014.08.28

お尻は脚です!④

こんばんは!
マッサージセラピストの齋藤です

前回からの続きです(*^∇^*)

②中殿筋
中殿筋(ちゅうでんきん)は
以前のコラムでも
お話したことがあるのですが
大殿筋をぺろっとめくった下にあります

中殿筋のスタートは大殿筋と同じ
腸骨翼と腸骨の外唇(がいしん)
と呼ばれるふちから大転子の先と
外側面につきます

中殿筋は股関節の外転
(脚を真っ直ぐのまま真横に開く動き)と
股関節の内旋
外旋
(脚を内ねじり・外ねじりする動き)
という動作の時に働きます♪

中殿筋は実は少しねじれ気味
大転子にくっついているので内ねじり
外ねじりにも作用するんです!!

また立っている時に
骨盤を安定させてくれる
とっても大事な筋肉なんですよ(*^ω^*)
中殿筋が使えていないと太ももが
太く硬くなったり歩く時に
お尻をふって歩いたりしてしまいます・・・

バランスのいい
歩き方をするためにも
骨盤を安定させるためにも中殿筋を
しっかり使えないといけませんね!!!

今回はこの辺で!!

2014.08.25

お尻は脚です!③

こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

今回は引き続きお尻の筋肉について
お話していきます♪

(前回のコラムはこちら)

①大殿筋
大殿筋(だいでんきん)とは
お尻の筋肉の1番表面にある
筋肉のことで骨盤の
腸骨翼(ちょうこつよく)
仙骨(せんこつ)・尾骨(びこつ)と
仙骨と坐骨(ざこつ)につく
仙結節靭帯(せんけっせつじんたい)からついていて
深部は大腿骨の殿筋粗面(でんきんそめん)に
浅部は大腿骨膜(だいたいこつまく)から
腸脛靭帯に移り脛骨につきます♪

お尻の筋肉が膝外側まで
靭帯となってくっついているなんて
びっくりですよね?!

大殿筋は主に股関節(こかんせつ)の
伸展(脚を後ろに引く動き)と
外旋(脚全体でつま先を外に向ける動き)と
膝関節(しつかんせつ)の伸展(膝を伸ばす動き)
といった3つの動きをするんです!!

3通りの動きにしっかりと
力が発揮できないとこれから挙げていく
他の筋肉が頑張らないといけません(+o+)

人間でも1人の人が頑張っていても
その人が悲鳴をあげてしまいますよね

次回はさらに奥の筋肉についてです!

2014.08.23

お尻は脚です!②

こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

前回のコラムで股関節というものの形を
イメージして貰えたかと思うので今度は
その周りについている筋肉についてのお話です!

股関節をとりまく筋肉には
お尻の筋肉やふとももの
前後の筋肉など色々あるのです!

今回はお尻の筋肉についてなんですが
お尻の筋肉とひとくくりに言っても
実は細かい筋肉がいっぱいなんです!!

順番に挙げてみますね☆

①大殿筋
②中殿筋
③小殿筋
④梨状筋
⑤内閉鎖筋
⑥外閉鎖筋
⑦上双子筋
⑧下双子筋
⑨大腿方形筋

こんなにたくさんあるなんて
びっくりですよね!!
これらの筋肉を1つずつ動かせるよう
④~⑨は細かい筋肉ですが
大殿筋や中殿筋が癒着してしまったり
お尻って意外と凝ってるんですよ(^○^)

お尻が凝ったり硬くなってしまわないためにも
1つ1つの筋肉をイメージ出来るように
お話していきますね♪

今回はこの辺で!!

2014.08.21

お尻は脚です!①

こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

前回までのコラムで
循環をよくすることの
大事さをお話してきました

次はリンパ液の流れつく
リンパ節がある大事な
股関節(こかんせつ)についての
お話をしていきたいと思います!!

股関節と言われる関節は
骨盤(こつばん)と太ももの骨の
大腿骨(だいたいこつ)から
出来ているのはご存知でしょうか?

骨盤にある寛骨臼(かんこつきゅう)
と言われるくぼみと大腿骨の
大腿骨頭(だいたいこっとう)
言われる球体部分で作られているので
色んな方向に動くことが出来ます♪

例えば肘や膝は
曲げたり伸ばしたりと
動きますが股関節は曲げ伸ばしに加え
ぐるぐるまわしたり出来ますよね?

こういう関節のことを
球関節と言います(*^_^*)

それと関節と名前がついている所は
動く・動かすべき所なので
股関節もしっかりぐるぐる回したり
動かしていきましょう!

今回はこの辺で!!

2014.08.14

ジャージャー流しましょう!③

こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

前回の続きで今日は
「リンパ液」についてのお話です!

リンパ液とは?!
リンパ管の中を流れる組織液のことで
以前お話した体内の老廃物や疲労物質
身体に不要なもの・余分なものを運んで
体外に排出します(^○^)

リンパ液は血液と違い
押し出してくれるポンプがないので
筋肉の収縮運動で流れているので
筋肉が緊張して硬くなっていると流れが
滞りやすくなります(+o+)

日頃あまり身体を動かしたりしない人は
滞りやすく肩こりや腰痛・むくみなどや
肌のトラブルなどが起こりやすいので
エスカレータを使わずに歩くとか
散歩してみるとかお家でセルフケア
してみるなど意識して動かしてみて下さい♪

また「むくみ」と聞くと
足や顔が挙げられることが
多いですが実は腕など全身が
むくんだりすることがあるんです☆

男性と女性だと
筋肉の量が違うので
女性の方がむくみがあると
感じる方が多いんですよ!

次回はお家で出来る
簡単ケアのお話を出来ればと思います!

2014.08.11

ジャージャー流しましょう!②

こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

前回に引き続き
リンパのお話です!

リンパとはそもそも何だ?
ということで
リンパ管リンパ液
についてお話したいと思います!!

リンパ管とは?!
以前にも少しお話したことが
あるんですがリンパ管
静脈のすぐそばにあって
シルクの様に薄く
身体を網目のように張りめぐり
要らないものをその場から
リンパ節と呼ばれるリンパ管
集合する所まで運ぶ下水道のような
役割をしています!

リンパ節と呼ばれる場所は
脇の下や股関節・膝裏にあって
そこに流れつくようにマッサージ
などをしてあげることが
良いと言われています!!

ただなんとなくむくみをとる為に
マッサージするのではなくて
それを意識するだけで
効果は変わります♪

今回はこの辺で
次回に続きます(^○^)

2014.08.04

送り返すってとっても大事です!③

こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

今日は以前のコラムに書いた
筋ポンプが行われないと
溜ってしまう老廃物のお話です(*^_^*)

老廃物といっても
実際には目に見えるもの
でもないしどんなものか想像
つきにくいですよね

ではリンパの流れが悪くなると
どんなものが溜ってしまうのかを
あげてみたいと思います!

①死んだ細胞
決まった回数の細胞分裂を
終えた細胞のことです
細胞は日々
生まれ変わっているので
死んだ細胞は邪魔になってしまうので
リンパ液に排出して
流してしまわないといけません

②老廃物
身体の中で行われている
代謝という働きを
終えたものを言います

③蛋白質
分子が大きいため静脈壁を
通れない蛋白質のこと

④糖質
体内で利用されなかった
余分な糖分のこと

⑤脂肪
体内で利用されなかった
余分な脂肪のこと

⑥化学物質
人体にとって有害だが
摂取してしまった
化学合成された物質

⑦細菌・ウイルス
体内に取り囲まれた
細菌やウイルスを運び
リンパ節で処理します

⑧乳酸
運動などで生まれる
疲労物質のこと

これらの物質が溜っていると
身体の中で化学反応が起きて
発痛物質が出てきてしまいます

蛋白質・糖質・脂肪も
体内で利用されない余分なものは
吸収されずに溜ってしまいます
なんでもそうですが過剰摂取は
良くないということですよね(+o+)

そしてむくみや疲労感・足首が
固い人たちはこれらの不必要なものが
溜っているということは・・・

身体の中にゴミが溜っているのと
同じ状態なんです!!
リンパ液は流れをよくして
たくさん送り返すと
その分きれいなリンパ液となり
またたくさんのこれらの物質を
流そうとしてくれます

身体はきれいでありたいですよね!

今回はこの辺で☆

2014.08.02

内くるぶしと外くるぶしは違う骨って知ってましたか?

こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

前回の続きで足首にスポットを
当ててみたいと思います!

足首は脛骨(けいこつ)と腓骨(ひこつ)と
呼ばれる骨と距骨(きょこつ)という骨で
なりたっていて

脛骨の外側を内くるぶし
腓骨の外側を外くるぶしと
呼んでいます

つま先を上げた時に
この脛骨腓骨で出来ている
くぼみに距骨が滑り込んでいて
つま先を下げた時に
距骨が滑り出るのですが
距骨のてっぺんは
細くなっているので
ぐらぐらしない様に
腓骨が下へずれてきて
距骨をしっかりと
固定しているんです!!

そして周りについている
筋肉の他に脛骨腓骨の間には
骨間膜と呼ばれるものがあります

歩く時に行われている
この動作も周りの筋肉や
骨間膜が固くなっていると
スムーズに行われなくなり
足首の動きが悪くなる原因の
1つとなります

そうすると前々回お話しした
筋ポンプが上手く行えなくなる・・・
という風にぐるぐると
連鎖してしまいます(+o+)
なので足を常に意識して
回す
などしておくことが
とっても大事なんです!!!

サッカー選手やプロとして
活躍している人たちは
きっとこういう所から
ケアしてはるんでしょうね!!

ということで
今回はここまで!!

2014.07.31

送り返すってとっても大事です!②

こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

前回お話した
筋ポンプの続きで
ふくらはぎの筋肉について
お伝えしようと思います!

ふくらはぎには
代表的な筋肉が
2つあります

1つは腓腹筋(ひふくきん)
と呼ばれる大腿骨の
内側上顆(ないそくじょうか)と
外側上顆(がいそくじょうか)から
ついていてアキレス腱となり
かかとの骨の
踵骨隆起(しょうこつりゅうき)
という所についている筋肉です

内と外2つの頭を持っていて
途中で合流し1つになって
アキレス腱となります

もう1つはヒラメ筋と呼ばれる
腓骨頭(ひこつとう)からついて
腓腹筋と同じくアキレス腱となり
踵骨隆起についています

魚のヒラメの様に
べたっとした
平べったい筋肉で

腓腹筋をぺろっとめくると
下にヒラメ筋がある・・・
というような位置関係です

どちらもつま先立ちを
する時に働きますが
腓腹筋は膝をまたいで
ついているので
膝を曲げる働きもあります

ちなみに腓腹筋
速筋(そっきん)と呼ばれ
瞬発力に優れていて
ヒラメ筋は遅筋(ちきん)と
呼ばれ持久力に優れているんです!

なのでたくさん歩いたりとか
走ったりするとヒラメ筋の方が
疲れがたまりやすいんですよね(+o+)

そうやってどんどん
疲れがたまっていって
疲労物質を身体から
出せないでいると
固まってしまい
足首の柔軟性が低く
なってしまいます!!

かかとをつけたまま
下にしゃがもうとして
しゃがめない人は
足首が固いと言われています

次回は足首を構成する
骨についてのお話です!

2014.07.28

送り返すってとっても大事です!①

こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

さっそく以前のコラムの続きです!

③ふくらはぎの筋ポンプ作用が上手くいかず
足首の柔軟性が低くなっている

特に女性に多いのが
冷え症むくんでいることが
あると思いますが
脚が太くみえている
原因の1つがこれです!

まず筋ポンプと呼ばれるものは
筋肉が伸びたり縮んだりする
働きのことなのですが
この働きが低下していると
血流が悪くなったり
リンパの流れが
悪くなってしまいます

筋肉が伸びたり縮んだり
している時に身体の中で
なにが起こっているのかというと
筋肉が動くことによって
血管も同じように動いているんです!

心臓から流れた血液は
毛細血管まで行き
静脈を通って戻ってくる
ということを耳にしたことが
あるかもしれませんが
心臓は足より上にありますよね?

そうすると上から足へジャーッと
流れた血液を心臓に戻そうとすると
下から上へ送らなければいけません!!

その送り戻そうとする仕事を
誰がしているのか!?

それが先ほどお話しした
「筋肉が伸びたり縮んだりする働き」
のことなんです(゜o゜)!
これを筋ポンプ作用と言います!

しかもリンパ液が流れる
リンパ管は静脈のすぐそばを
通っているので
静脈が上手く
流れていなかったり
筋ポンプ作用
上手く行われていないと
老廃物などが溜まってしまうので
むくみやすくなるんですね☆

今回はこの辺で
次回に続きます(^○^)

2014.07.24

体幹が強いって何がいいの?⑤

こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

今回も前々回のコラムの続きです!

②中殿筋がうまく使えていない
お尻の表面にある大きな筋肉の下に
中殿筋(ちゅうでんきん)がありますが
もしこの筋肉が使えていないと
どうなるか?!


以前のコラムでも
中殿筋の大事さは
お伝えしたと思いますが
中殿筋が使えていないと
歩いている時に
お尻を左右に振って歩く感じに
なってしまいます

そのまま支えがなくて
倒れてしまわないように
ストッパーの役目になっているのが
ふとももにある
腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)
外側広筋(がいそくこうきん)なのです!



腸脛靭帯は骨盤の
上前腸骨棘(じょうぜんちょうこつきょく)
と言われるところからついている
大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)という
筋肉が脛骨外側顆(けいこつがいそくか)に
つく途中で靭帯に移行している部分のことで

外側広筋は大腿骨(だいたいこつ)の
大転子(だいてんし)から膝蓋骨(しつがいこつ)に
ついている筋肉のことです!


体幹(たいかん)と中殿筋が使えていないと
腸脛靭帯外側広筋が頑張ってしまうので
外ももが張ってしまうんですよね☆

そうなると外側の筋肉ばかりが
強くなるので内側の筋肉が
使えなくなる・・・という風に
なってしまいます

前回のコラムにも書いたように
ふとももの筋肉だけで使うのではなくて
お腹から引き上げる・全部の筋肉を使う
・・・ということが大事なんですよね

今回はこのへんで・・・次回に続きます!!

2014.07.21

体幹が強いって何がいいの?④

こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

本日いよいよグーエンスの森が
本格オープンします

モニターの皆様には
たくさんご協力いただき
本当にありがとうございました!
これから一生懸命頑張っていきますので
よろしくお願いします(*^_^*)

個人的には昨日
コブクロさんのライブの行ってきて
パワーチャージしてきたので
めいっぱい頑張れそうです(^_^)

さっそく前回のコラムの続きを
お話したいと思います!

①腸腰筋がうまく使えていない
お腹・背中の筋肉のさらに下に
腸腰筋という筋肉があります
これは腸腰筋という一つの筋肉ではなく
腰椎から大腿骨(ふとももの骨)の
小転子と呼ばれるところについている
大腰筋と骨盤の腸骨と呼ばれる所から
同じく大腿骨の小転子についている
腸骨筋の総称です

この腸腰筋と呼ばれる筋肉の
働きの一つとして
股関節を曲げる動きがあります

たとえばこの腸腰筋が
使えていないと
歩く時に脚を上げるという
動作(股関節を曲げる)が
腸腰筋ではなく
大腿四頭筋(ふとももの筋肉)
によって行われます


本来腸腰筋が上手く使えていれば
脚は軽く上げられるのですが
大腿四頭筋で脚を上げようとすると
重く感じられます

言い方を変えると
お腹から脚を上げるのと
脚だけで持ち上げるのとの違いです(^_^)

試しに何も考えずに
普通に脚を上げてみてください
次に大きく息を吸ってお腹をふくらませ
吐きながらお腹をへこませた状態で
脚を上げてみてください♪

1回目と2回目で脚の上がり具合が
違ったりしませんか?
腸腰筋を使って歩けるようになれば
足どりが軽くなるかもしれませんね♪

今回はこの辺で♪

2014.07.19

体幹が強いって何がいいの?③

 こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

前回少しお話したのですが
脚痩せになんで体幹が
強くないといけないか?について
お伝えしようと思います☆

サッカー選手って
ふとももがごっつい人が
多いってご存知ですか?

ボールを蹴ったりしているから
だけではなくて走っていて
急に止まったり相手に
フェイントをかける時に
反復横跳びのような動きを
しているからなんです(゜o゜)!

写真を見てイメージして
いただきたいのですが
お腹背中お尻の筋肉が
しっかりしていないと
横跳びして止まるときに
上半身が大きく揺れたり
脚の筋肉で止まろうとしてしまうんです

サッカー選手は決して
お腹背中お尻の筋肉が
弱いという訳ではなく
そういう動きが必要なため
あえてそういうトレーニングを
しているからなんですよね♪

それに日々の生活でそんな動きって
なかなかしないですよね?
私も学生の頃の体力測定以来
していないと思います(^ ^;)

じゃあなんで脚が太くなるのか?!

①腸腰筋が上手く使えていない
②中殿筋が上手く使えていない
③ふくらはぎの筋ポンプ作用が上手くいかない

腸腰筋ってどこ?
筋ポンプってなんのこと?
については次回から分けて
お伝えいしたいと思います!!


2014.07.17

体幹が強いって何がいいの?②

こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

前回に引き続き体幹のお話です!

③靴下を片足立ちで履いたりしやすくなるについて
片足立ちに使う筋肉の中で
体幹の筋肉と中殿筋がポイントと
言われています

 

その筋肉が弱くなっていたり
使えていないと片足で立つときに
バランスが取れなくなったり
してしまうんですよね・・・

それなら靴下を片足立ちで
わざわざ履かなければいいし・・・
と思われるかもしれませんが
実は歩いている時も
片足立ちをしているんです!!

普段歩いている時の動きを
思い出してみてください(^○^)
右足を一歩前に踏み出そうとするとき
左足で身体を支えているんです

同じように左足を踏み出すときには
右足で身体を支えます
この繰り返しが「歩く」ということです

となると体幹と中殿筋って
とっても大事だから
使うのを忘れてしまっている
身体だと大変ですよね!!

歩く時にバランスが取れなくて
ふらついてしまったら
まっすぐ歩けなくなってしまいます(+o+)

ちなみに脚を細くするには
歩き方を変えないと
なかなか難しいんですよ☆

そのお話はまた次回・・・

2014.07.14

体幹が強いって何がいいの?①

こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

ワールドカップついに終わりましたね(゜o゜)
密かにアルゼンチンを応援していたのですが・・・
ドイツとの決勝戦とっても面白かったです!!
4年後が楽しみになりました♪

今回は前々回のコラムを読み直して
もっと細かく説明したいなと思ったので
それをお話したいと思います!
ケアの話はいずれ書きたいと思います

①姿勢が正しくなるについて
逆に姿勢が正しくない状態って
どういうことでしょう?
猫背と簡単に書いていましたが
猫背ってどんな状態か詳しく説明したいと思います

  •  

写真は私たちのお店にいるボーン君を
横から撮ったものです
これが理想の姿勢なんですよ!

首からS字を描くように
背骨があり
骨盤についています

猫背は骨盤(ピンク)が後ろに倒れる
腰椎(青色)は本来は反っているのに
骨盤の動きに合わせて動くので
まるくなります
胸椎(赤色)はもともと後ろに軽く
カーブを描いているのに
背中をまるめた状態になってしまいます

写真のボーン君を見て
イメージして貰いたいのですが
猫背になると肋骨の中にある
肺や内臓たちが
ギューッと圧迫されることになります

そこで
②お腹が引き締まるとダイエットに効果的!
とも繋がります
姿勢が良くなるとギューッと
圧迫されていた内臓や
肺が解放されるので
呼吸も深くなるし
胃腸の動きも良くなるので
カロリー消費が多くなるんです

今回はここまで・・・
次回に続きます!

2014.07.10

体幹トレーニングのええ話♪②

こんにちは!
マッサージセラピストの齋藤です

いよいよワールドカップの
決勝戦のチームが決まりましたね!
どっちが優勝するのでしょうか?!

今日は前回のコラムでお伝えした
3つの効果について
お話したいと思います(*^_^*)

体幹トレーニングをすると・・・

①姿勢が正しくなる
前回お話した「体幹」の主な筋肉は
姿勢を正しくしてくれるのにも
とても大事な筋肉なんです☆
それらの筋肉がバランスよく
働いていなければ
「猫背」になったり「身体のゆがみ」
引き起こして肩こりや腰痛の原因になったりします

②お腹が引き締まり、ダイエットに効果的!
びろ~んと伸びている輪ゴムで
丸めた紙を束ねようとしても
上手く束ねられないことありませんか?
お腹の周りの筋肉も同じで
お肉がたるんでいると
内臓が正常な位置を保てなくなります
それがポッコリお腹の原因です
それが引き締まっていくと解消され
さらに基礎代謝が上がり普段の動きから
今までよりもカロリー消費が多くなりますよ♪

③靴下を片足立ちで履いたりしやすくなる
片足で立とうとすると
ぐらぐらしてしまった経験ありませんか?
これも体幹が弱くなっていることが
原因の1つとして考えられます
靴下を履く時だけではなくても
日常で片足立ちをしていることって
実は多いんですよ(+o+)

まだまだ色んな効果がありますが
代表して3つの効果を
説明させていただきました♪

ちょっと体幹を鍛えてみたくなりましたか(^○^)?
次回は「お家で出来るカンタン体幹トレーニング」です♪

Page Top