本町駅、肥後橋駅から徒歩5分!中高年の脳と体に必要なメンテナンスに特化したマッサージメンテナンス専門店

  • ご相談・ご予約

新着・今日のカラダスマイル

2017.06.19

カラダが傾く前に!

 

こんにちわ カラダスマイルサポーターの木村です
昨日は息子とグーエンスの森にお邪魔しました
なかなかの電車での長旅でしたがご機嫌ちゃんで過ごしてくれました
朝からあまり寝ていなかったので夕方爆睡
どこでも寝れるというのも私にそっくりです


数回に分けてお届けしております縁の下の力持ちシリーズ(笑)
今日は外側縦アーチをご紹介

外側縦アーチ

外側縦アーチは内側に比べると高さは低めで見た目では少しわかりにくい
かもしれません
内側と同様の働きはもちろん持っていますが外側の個性ももちろんあります


またまた歩行に着目しますが・・(すいません、理学療法士なもので

足が地面について蹴りだしを迎えるまでに足裏ではどういう風に体重が
移動しているか知っていますか?
☚上の歩く画像(左から)と番号で見るとわかりやすいかも?
実はこういう軌道で体重移動しています
体重が移動する際、外側を大きく通っているのがわかりますよね
と、いうことは!
体重が外に傾きすぎないように働く場所が必要になってきます
それが外側縦アーチというわけです

外側縦アーチの崩れが生じると外側へ倒れようとするカラダが
支えきれなくなり他の場所にも影響しはじめます

これがどんどんひどくなると膝や股関節も外側へ倒れるようなO脚にも
つながるわけですね
それに外側に「コクっ」と倒れやすくなり捻挫しやすくなるかもしれません

原因としては外側縦アーチをつくる筋肉の力不足もあります
それに加えわざわざ自分から体重を外側にかけるような姿勢を
とってしまっているかもしれません・・
片方に重心をかけやすい立ち方は危険ですね
いや~・・私も気を付けないと


姿勢を意識する事ももちろん大切
ではほかにできることは?
さっきの体重が移動する絵を見てもらうと↓

最後は親指の方に体重を移動していきたいわけです
しかし、これが出来ていない方が多いのが現状です
外側に体重がかかったまま・・
なので、歩くときは地面を蹴る+親指へ体重をのせる
というのも意識してみて下さい

外側縦アーチをつくっている筋肉は聞きなれないかもしれませんが
「外返し」という動きで働く筋肉です
外返し・・?
ポイントは足首を上にあげながら小指を外側に動かす
少し複雑な動きですがやってみて下さい★

外側への傾きをなおすのにはなかなか苦労するもの・・
そうなる前に意識を変え、予防できるキッカケになればと思います

ココロもカラダもスマイルで溢れますように♫
☚昨日は父の日でしたね★

Page Top