本町駅、肥後橋駅から徒歩5分!中高年の脳と体に必要なメンテナンスに特化したマッサージメンテナンス専門店

  • ご相談・ご予約

新着・今日のカラダスマイル

2017.06.29

カラダの歪みが血流の悪さを生み勉強しにくいカラダを作っている?


こんにちわ カラダスマイルサポーターのnanamiです
もう6月も終わりですね今年は雨が少ないように感じます
7月に入ってから梅雨が続くのか・・
7月に入ると学生の皆さんは楽しい夏休みに入る前に
試験が待ってますよね
受験生は来年に向けてどんどん机に向かう量が
増えていくと思います

「ジメジメして集中できな~い・・」
なんていう方も多いと思いますが

「いや、待てよ。私これ年中言ってるな」
「勉強始めると頭痛がする、目が痛くなる」
「すぐ疲れて全然続かない・・」
年中言ってる方は要注意
それ、やる気がないという問題ではないかもしれません
お母さんも子供からそのセリフが出た時、単にやる気出しなさい!
では済まない話かもしれません


今はもう小学生からスマホやパソコンを普通に使う時代ですよね
学校の授業でもパソコンやタブレットが今後もどんどん
取り入れられるんだと思います

でもその便利さがカラダの「歪み」を作って
勉強が出来にくいカラダになっているのかもしれません・・
☚こ~んな姿勢とか
☚こ~んなんとか
☚こ~んな姿勢なっていませんか?

この姿勢を取ったから歪みがでた?
その可能性もあるかもしれません
でも逆にこの姿勢を取らないとしんどくて座ってられないカラダ
になっているのかもしれません
もちろんいいわけがありませんよね悪循環ですね

なぜカラダの歪みが勉強しにくさを生むのか・・
わたしは「2つの流れの悪さ」ではないかと思っています

まず、1つ目

当たり前の事かもしれませんが勉強するには「脳」を
使いますよね?勉強するには集中力、注意力、思考力、記憶力などなど
いろいろ必要になってきます
その力を発揮するために脳に血液が必要そうやな~というのはなんとなく
有名かもしれません
もちろんその通りです
もう少し細かくいうと
酸素や栄養素を十分に含み、スムーズに流れる血液が送られる
という条件が必要です

と、考えると
酸素や栄養が不足していてもダメ
血流が滞っていてもダメ
ということになりますよね

心臓から送り出された血液は首を通って脳へ送られます

その血管はカラダの中でも特に細いものです
そして人は常に重力が下へ下へかかっているため
心臓より上にある脳に血液を送り出すのは
とてもパワーのいることなんです

何も邪魔するものがなくてもパワーのいる事ですが
その途中でこんな首や肩の歪みがあると血液が
滞ってしまうのは想像がつきやすいのではないでしょうか?

その細い血管の中を血液が頑張って脳へたどり着いても
その中に十分な酸素が含まれていなければ意味がありません

↑この姿勢で十分に横隔膜の広がりや肺のふくらみが
つくれると思いますか?
わかりにくい方はカラダを前に倒して息を吸ってみて
下さい吸いにくいですよね
少しのカラダの歪みでも内蔵には大きな影響を与えて
しまうのです

脳に送られてきた酸素や栄養素が少ない状況で勉強を始めると
すぐにエネルギー不足となり
集中力が続かない、すぐに疲れるということに
つながるのです

自分では歪みが気づきにくいですよね
私も正直気を付けないといけない組に入ってるんです
・座る際、足を組むと楽
・机に肘をつくと楽
・立っている時、まっすぐ立つのがすぐしんどくなる

見た目ももちろん大事
耳や肩の高さは左右同じですか?
なんか右肩下がってるかも?

などに、心当たりのある方は歪み注意報出てます!
お子さんは無意識にこういう姿勢とっていませんか?

これから机に向かう時間が長くなる学生さん
その学生さんを家族に持つ方は今のうちに「歪み」を
チェックしてみて下さい!

次回はもう1つの「流れの悪さ」、脳脊髄液について
お話したいと思います

ココロもカラダもスマイルで溢れますように♫

Page Top