本町駅、肥後橋駅から徒歩5分!中高年の脳と体に必要なメンテナンスに特化したマッサージメンテナンス専門店

  • ご相談・ご予約

新着・今日のカラダスマイル

2017.06.30

塾に通うよりもカラダ環境を整えるのが先!

 

こんにちわ カラダスマイルサポーターのnanamiです
今日は午前中に近所の地域で開催されている子供広場に
行ってきましたかなり年齢層も広く2ヶ月~2歳ぐらいまで
集まってワイワイしてました
息子は周りが気になりキョロキョロ、人と目が合うとニコーっ
と笑顔を振りまいておりました


今日は前回の続きで脳の働きを邪魔する「流れの悪さ」について
前回は「血液の流れ」のお話をしました

今日は脳脊髄液について
脳脊髄液って聞いたことありますか?
名前の通り脳と脊髄をグルグルと循環している大切な液体です
この液がある事で脳がプカプカと浮かんで頭蓋骨に
ぶつからないようになっているのです


役割としては
①脳と脊髄を外部の衝撃から保護すること
②脳、脊髄からの老廃物を除去すること


脳脊髄液は背骨の間を通っています
その背骨に歪みが生じてしまうと流れが
滞ってしまいますよね?
背骨だけではなく頭のゆがみも滞りの原因と考えられます


一か所でも流れが滞ってしまうと、他の場所では脳脊髄液が
減ってしまいます
そうすると脳を守っているものがなくなり痛覚刺激をもつ頭蓋骨の壁や神経に
ぶつかりが生じ頭痛やめまい、疲れやすさにつながる事もあるのです

勉強を始めると、カラダは交感神経が優位の状態に
なります



カラダの歪みを持ったまま交感神経のスイッチを入れると
カラダには効率の悪い・不必要な筋肉の緊張が常習化します
右にカラダが傾いている場合、自分では感じていなくても
筋肉は右へ倒れないように左側の筋肉を過剰に働かせて
バランスをとってしまいます
勉強が終わって自分では休憩しているつもりでも
歪みがある以上、筋肉は交感神経のスイッチを切れないまま
いる可能性が高いです

私も理学療法士の試験勉強をしていた時は本当に
ONとOFFの切り替えが大切だと思いました
OFFの時はしっかり睡眠をとるのが大切ですよね
「試験の事で頭がいっぱいで寝れない・・」という方
もいるかもしれませんが
それはもしかしたらカラダが交感神経のスイッチを切れない
サインかもしれません
いい睡眠が取れないとONのスイッチも入りにくいですよね

カラダの歪みはこういう形で勉強がしにくいカラダを作って
いる可能性があります
いくら塾や家庭教師などの勉強環境を作ってもカラダ環境が
悪ければ取り組む事が難しくなるかもしれません

年齢が若いこと、カラダに痛みや支障ないと体を整えると
いう発想にならないかもしれません

が、しかし
勉強と向き合う気持ちがあるのになぜか出来ないと
いう事が少しでもあるならまずは「カラダの歪み」を
疑い、整体を受けるところから始めてみて下さい

お母さんたちもそういう目線で子供のカラダを見てみると
何か変わるかもしれませんよね
カラダの流れを改善すると「気」の流れ、
気持ち的にもいい事が舞い込んできそうな気が
私はします~

ココロもカラダもスマイルで溢れますように♫



Page Top