本町駅、肥後橋駅から徒歩5分!中高年の脳と体に必要なメンテナンスに特化したマッサージメンテナンス専門店

  • ご相談・ご予約

新着・今日のカラダスマイル

2017.09.15

坐骨神経痛は椎間板や脊柱管の病変でもおこるので筋性の痛みと鑑別してからケアする必要があります!

 
こんにちわ
カラダスマイルサポーターのnanamiです

前回は梨状筋由来の坐骨神経痛について
でしたが・・

まずは梨状筋を疑うとお伝えはしたのですが
優先順位で言うと今日の内容を確認して
当てはまらなければ・・かなと思います

坐骨神経は第3腰椎~第2仙骨の細い神経が
まとまって梨状筋の真下を通って坐骨神経
になって・・
というお話をしました
もう少し細か~い神経の話をすると

その細い神経は脊柱の中を通る「脊髄神経」
から分岐しているものです
脊髄神経から足の担当だよ~!と
役割をまかされて分かれていくんです


なので・・
分かれていく前の脊髄神経の時点で
神経に圧迫
が加わった場合も
同じような症状が出る可能性がある
ということなんです

それがどういう時かというと
神経の周りの組織である腰椎や
脊柱管に病変が起こったときです

腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症
という名前は聞いたことありますか?
ヘルニアは脊髄の横にある椎間板から
ゲル状の液体が漏れて神経を圧迫
狭窄症は脊髄を包んでいる管が狭くなり
脊髄を圧迫
これにより坐骨神経痛の症状が出る可能性が
あるんです・・


この病変が原因の場合は
まずは病院での診察が第一になります
「ちょっと腰とかお尻が疲れてるだけだろな~」
とほっとくと大変なことに

こういう病変じゃないとわかって初めて
筋肉由来の原因を疑いケアへうつっていける
ものです

脊髄の病変であれば
・同じ姿勢を取っていると腰やお尻に痛みや痺れ
・安静時でも腰やお尻に痛みやしびれが強い
・立った状態で後ろに腰をそらす+斜め後ろを見る
と痛みやしびれがひどくなる
(これは痛みを増悪させる姿勢なのでゆっくり
行ってくださいね

・仰向けで膝を伸ばし足を持ちあげる
腰やお尻に痛みが強くなる場合
ポイントは痛む場所です! 膝裏の痛みは
筋肉が伸ばされた場合が多いので注意を~


いくつか当てはまる方は病院で確認してもらう
ほうがいいかもしれません
一番怖いのは
筋肉が原因だと思い込むこと
知っておくということが自分のカラダを
守る一つの方法かと思います

ココロもカラダもスマイルで溢れますように♪

Page Top