本町駅、肥後橋駅から徒歩5分!中高年の脳と体に必要なメンテナンスに特化したマッサージメンテナンス専門店

  • ご相談・ご予約

新着・今日のカラダスマイル

2017.09.30

歩行時、中殿筋が働く一瞬のピークを迎えられることが疲れにくいカラダを作ることにつながるんです

 

こんにちわ
カラダスマイルサポーターのnanamiです



中殿筋シリーズをお届けしておりますが
まだ続きます

こういう事に心当たりのある方・・
・両足を均等につけて立っておくことが
疲れる、しんどい
・歩く時に疲れやすい
・歩く時につまづきやすい、あるいは
こけてしまう
・速く歩けない
などなど

立位や歩行において中殿筋はすごく
重要な働きをしてるんですよね
それは
骨盤が傾かないように保つこと

骨盤には体幹とも下肢とも多くの筋肉を
つなぐ中間点です
これが傾いてはカラダに大きな影響を与えて
しまうのは想像がつきやすいのでは
ないでしょうか?

他のところでもちょこちょこお話している
のですが
筋肉は柔軟性や伸張性が伴ってこそ本来の力が
発揮できるものです
過緊張でも筋力低下でも力が発揮できない
原因となります

特に歩く際の中殿筋の働きとして
は踵が床についたところから蹴りだすところまで!
に十分な力を発揮しないといけません

↑このイラストすべてで平均1.5秒です
右足で考えますね
1度踵がついてからもう1度踵がつくまでの間が
平均1.5秒なんです
その間に中殿筋が力を発揮するのは0.5秒だと言われています

その一瞬に力を発揮するピークを迎えないといけない
わけです
なんとゆー・・
細かい一瞬の話をするかと思うと思いますが
歩行はこの1.5秒の繰り返しなので
この一瞬がとても大切なんです

中殿筋の状態が整っていないと
このピークが迎えられず骨盤が傾くと
同時に体幹や下肢に影響が出て
効率が下がり、使わなくていい他の筋肉を
使う事になるんです


普段何気なく歩いていても
長距離を歩けたり疲れにくい方は
中殿筋がきちんと働くべきところで
働いてくれてるんだと思います

でも最初の項目に当てはまる方は
中殿筋が働きにくいカラダになってるのかも?

自分の足でいつまでも歩き続けるには
普段は見えない「おしり」に目を向けて
みるのも大切かもしれませんね

カラダもココロもスマイルで溢れますように♫

Page Top