本町駅、肥後橋駅から徒歩5分!中高年の脳と体に必要なメンテナンスに特化したマッサージメンテナンス専門店

  • ご相談・ご予約

新着・今日のカラダスマイル

2017.11.14

肩甲骨の位置が変わることでも舌骨、下顎に影響が出る可能性がありますよね

こんにちわ
mamaPT カラダスマイルサポーター
nanamiです

今日は雨ですね~
たまには大人しく息子と
お家遊びにしておきます

前回、ストレートネックと口呼吸の関係
をお話しました
内容はこちら

実は他にも
舌骨筋群の付着してる位置を
みてもらうと
「え!?そんなとこからも口の方
まで影響するの?」というところ
もあります

舌骨下筋群の一つである
「肩甲舌骨筋」というのがあるんですが

↑前から見るとこ~んな感じ


↑後ろから見るとこ~んなかんじ
で舌骨から肩甲骨の上縁の方に
チョコンとついる筋肉があります

前回のお話と一緒ですが
筋肉はどことどこに付着しているか
でどんな影響が出るかがわかりやすくなる
かな~と私は思っています
なのでいろんな角度からイラストを
のせます、しつこいけど(笑)

と、いうことは
この肩甲舌骨筋の場合
肩甲骨の位置が変わってしまうとそれに
引っ張られて舌骨の位置も
変わるというのはイメージできるでしょうか?

巻き肩でも側彎でも
肩甲骨は他の歪みからの影響を
受けやすいので歪みが出やすいですよね

そしてそこから舌骨を下げ、舌骨上筋群を
引っ張り、下顎を下げることに
つながる可能性も出てくるというわけです


歪みをなおすと呼吸や嚥下が
楽になるというのはこういうふうに
筋肉の結びつきやカラダはつながっていると
いうところからですよね

巻き肩、猫背、ストレートネックかも!?と
カラダを見直すことが
呼吸、食事のしやすさに
つながるかもしれませんよ~

カラダもココロもスマイルで溢れますように♫


Page Top