本町駅、肥後橋駅から徒歩5分!中高年の脳と体に必要なメンテナンスに特化したマッサージメンテナンス専門店

  • ご相談・ご予約

新着・今日のカラダスマイル

2018.06.11

子ども整体より★「手首が固い」は背骨を動きにくくする!ことを知ってほしいんです

 

整体師・手技療法研究家の
天海柑です


生まれたばかりの赤ちゃんの体は
姿勢を保ったり姿勢を変えたりは
できませんょね💦

だけど、少しづつできるように
なっていくから大丈夫かなぁって
思ってしまいますょね

身体は協調と連動で動いています。

つながって動いているってことは、
どこかが動きにくいと動きは
いびつになってしまうんですょ

赤ちゃんは動きを学習しながら
覚えていくときに、脳を育てる神経回路を
強化していくしくみ(運動発達学)になって
います

どこかにいびつを残してしまうと、
そのいびつのまま、動きを学習してしまい、
その時、脳にもそのまま伝わって
しまいますょね(-_-;)

姿勢を保てるのは背骨にちゃ
んとスイッチが入っているから!

姿勢を変えれるのは背骨がちゃんと
捻れているからなんです

地球上には重力という力が存在します

赤ちゃんの未熟な筋肉や関節は
その重力の世界で動けるようになるために
少しづつ鍛えられていきます✨

勝手にできるようになってるんじゃあなくて、
鍛えられているんですょ

未熟な背骨がスムーズに動かせるためには、
協調している他の関節が
ちゃんと動いてくれないと、
ちょっとだけ動きにくさを残してしまうことに
なりますょね!

この「ちょっとだけの動きにくさ」
ちょっとだけ動き残しをつくりそれが
「育ち残し」
をつくってしまう
可能性を含んでいるんです

それでも何となく身体は大きくなっていくし、
やれることも増えていくんですょね

この「ちょっとだけの育ち残し」が
未熟な身体には後々、
脳の発達の大きな問題の種にな
ってしまう可能性があること
がわかってきました

一つ一つの動きの質の良さが未熟な身体には
必要なんです♪

その質の良さは背骨の動きで
決まります!

その背骨の動きを鍛える時の条件が
手腕肩甲骨と足脚骨盤の動きが
いびつでないことなんです

それが左右差のない
動きにつながっていけたら、
脳内の回路もスムーズにつながって
強化されて育っていけるんです

成長は量で、発達は質なんですよね👍

ココロもカラダもスマイルで
溢れますように♬

Page Top